« September 2003 | Main | November 2003 »

October 2003

2003.10.01

モデル?

 岩井克人が小林秀雄賞というものを受賞したとのことである。「これから会社はどうなるのか」という著作に対してのものだそうで、そっちの方面に疎いワタクシは、こんな本が出ていたことも知らなかったが(でも、この本はこの本で面白そう)、それを伝える記事で、目を引いたのはこの経済学者の奥さんが水村美苗だということ。知らなかった。

 水村美苗といえば「続明暗」である。出版当時、話題となったこの作品、買いはしたものの読んでおらず、そうこうするうちに文庫入りしたのもはるか昔のこと。それにつけてもハードカバーで買った本が読まないうちに文庫化されるのは、とても寂しいものだ(もちろん読んでいないこっちが悪い)。
 というようなことを言いたいわけではなく、ふと思ったのは、下の「輝く日の宮」の主人公のモデルは水村美苗ではないかということ。モデルというと言い過ぎかもしれないが。一つのヒントになっているのではないか。未完に終わった過去の名作の「補作」というべき創作をする日本文学の研究者でパートナーが社会の別の分野で名を成している人、という、書いてみるとそれだけのことで、何の証拠もないけれど。

 でも、考えてみれば「本格小説」も丸谷の好みさうな作品と言ふやうに感じられますね。などと、突然旧仮名づかひになつたりするのであるが、実はこの作品に対する彼の評価は全然知らないのであつた。しかし、確かでない話を書くときには小説の形にする必要があるのでせうね。もつとも、この「断想」だって別に論文といふわけぢゃあなし、別にかまはないか。

 ところで、関西弁に自動変換してくれるソフトがあると読んだ記憶がある(話が突如変わって申し訳ない)が、現代仮名遣いで入力したら旧仮名に変換されるFEP(と言って良いものやら)があったら結構良いのに。もしかしたら既にあるのかも。そもそも、ワ行のイ段とエ段の字の出し方が分からない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2003 | Main | November 2003 »