« 見分けるのは難しいんですよねぇ。。。 | Main | 集中力?注意力? »

2004.02.06

グリモーのクレド

 お気に入りのCDにも入れているグリモーのクレドだが、新・東越谷通信で取り上げられている。もっとも、私にとって「グリモー」の新譜である、これが、「サロネン」のDG契約第一弾ととらえられているようだが。
 さて、このCD、選曲は確かに大胆である。

 コリリアーノ/ファンタジア・オン・オスティナート
 ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第17番「テンペスト」
     同   /合唱幻想曲
 ペルト/クレド

 で、いったいこれは誰のクレド(信条告白)なんだという、謎の編集者氏のご疑念であるが、これは、グリモーのそれである。ジャケット写真がグリモーのアップというのは、セールス面への配慮かもしれないが、ブックレットはグリモーの「はじめに」という文章(1ページ強)があって、マイケル・チャーチによるグリモーへのインタビュー(5ページ)が載っている。そして曲目解説(2ページ)、グリモーのバイオ(1ページ)という構成。
 で、この内容であるが、「はじめに」は「なぜ、音楽は存在するのだろうか?」なんて文から始まって、選曲の意図というか、まあ、ちょっと哲学的な小文となっている。インタビューの中でも、このCDのアイデアは全く自分のもの、このような風変わりな選曲の企画に同意してくれたDGに感謝している、などと言っているので、このアルバム自体が、彼女の音楽に対する「クレド」となっているのではないか、と。
 それにしても、このインタビュー、彼女のsynesthesia(音を聞くと色を感じるという感覚のことらしい)のこととか、オオカミ(彼女がオオカミと暮らしているというのは一部有名な話)への情熱のこととか、結構おもしろいので、必読かと。
 コリリアーノの曲の下敷きにしているオスティナートは、とある有名な曲なのだが、ネタバレになるので(知ってからも楽しめないと言うことはないが)ここでは書かない。

 CLASSICAによれば、このアルバム、DGのe-playerという企画にも近々載るそうだ。

 ついでに宣伝すると、DENON時代のアルバム5枚(ラフマニノフとかブラームスとかシューマンとか)が激安レーベルのブリリアントからBOXになって売り出されており、ファンにはこちらもお勧め。

|

« 見分けるのは難しいんですよねぇ。。。 | Main | 集中力?注意力? »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/170927

Listed below are links to weblogs that reference グリモーのクレド:

» トラックバックのお手本 [新・東越谷通信]
 昨日当欄に記した、サロネンならぬエレーヌ・グリモーのDG新譜に関するアーティクルに、居酒屋ガーター亭のご亭主が「グリモーのクレド」という記事へのトラックバック... [Read More]

Tracked on 2004.02.06 at 10:23 PM

« 見分けるのは難しいんですよねぇ。。。 | Main | 集中力?注意力? »