« やっぱり紙で本が読みたい | Main | 夏の終わり »

2004.08.30

pierrot lunaire

   pierrot2.bmp
 昔お世話になった年上の友人から、シェーンベルクの「月に憑かれたピエロ」の公演を東京芸大の新奏楽堂でやるので聞きに来い、というメールが舞い込んだ。

10月の16,17日の2回公演で、

 パントマイム:ヨネヤマママコ
 指揮:三石精一
 ソプラノ:家田紀子
 フルート:高桑英世
 ヴァイオリン:後藤龍伸
 チェロ:向山佳絵子
 クラリネット:橋爪恵一
 ピアノ:山田武彦

というメンバーだそうだ。

 会の前半は同じシェーンベルクの「管楽五重奏曲」(フルート:十亀有子、オーボエ高橋淳、クラリネット橋爪恵一、ホルン沢敦、ファゴット前田正志)が演奏される。

 東京にいれば駆けつけるところなのだが、ちょっとパリからではそういうわけにもいかず、ここで紹介させて頂く次第。詳細情報は、主催者のHP(→こちら)。

|

« やっぱり紙で本が読みたい | Main | 夏の終わり »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/1317683

Listed below are links to weblogs that reference pierrot lunaire:

« やっぱり紙で本が読みたい | Main | 夏の終わり »