« ブログのコンテンツの著作権(こうさぎ) | Main | プレートルの日 »

2004.11.29

アルヘリッチ/アバドのベートーヴェン

新譜が出回るのが、大抵日本より1月位遅いので、どうも時流から外れてしまうのだが、アルヘリッチとアバドが協演したベートーヴェンの2番、3番というCDを買った。

アルヘリッチというと、一頃体調を崩していたのかめっきり新譜が出なかった(印象だけかもしれないが)時期があったが、最近は室内楽を中心に盛んに新譜が出てくる(ような気がする)。旧録音の復活も多いように思う。

そうなると、人間あまのじゃくなもので、聞く前から食傷気味になり、聞かず嫌いになってしまっていたのだが、このベートーヴェンは聞いて良かった。特に3番の中間楽章が素晴らしかった。

これも本当に先入観というのはいけないと思うのだが、「奔馬のような」という形容詞がアルヘリッチという言葉を聞くと、反射神経的に浮かんできてしまう。が、このアダージョは、ゆっくりとしたテンポの実に重い音楽である。孤高とか沈潜とかかと問われれば、まあさすがにそういうことはないけれども。また、オーケストラが実に雄弁。ベルリンフィルを辞めてからのアバドは本当に変わった(のか単にこちらが勝手にレッテルを貼っていたのか分からないけれど)。もしかすると、アバドのせいではなくオケ(若い人が多いはず)が自己主張して、アバドはそれを抑えたりはしなかったということかもしれないが。

|

« ブログのコンテンツの著作権(こうさぎ) | Main | プレートルの日 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

いえいえ、ワタクシもハスキルの3番は好きです。が、自分のデフォルトはやっぱりバックハウスです。

Posted by: ガーター亭亭主 | 2004.11.30 at 05:17 AM

ベートーヴェンの3番のコンチェルトといえば、即座にクララ・ハスキルの名を思い浮かべてうワタシって、旧い人間ですね・・・、きっと。

Posted by: Flamand | 2004.11.29 at 11:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/2106004

Listed below are links to weblogs that reference アルヘリッチ/アバドのベートーヴェン:

« ブログのコンテンツの著作権(こうさぎ) | Main | プレートルの日 »