« November 2004 | Main | January 2005 »

December 2004

2004.12.30

ウィンナワルツというと

まだウィーンフィル・ニューイヤー・コンサートには若干早いが、先々週のRadio Classiqueの「選ぶのはあなた」は、特別番組として、いつものような複数演奏者による同一曲1曲だけの聞き比べではなく、複数のシュトラウスの曲を複数の演奏で紹介していた。どのような投票システムになっているのか(説明されたと思うけれど聞き取れなかった)分からないのだが、そのラインナップが例によって興味深い。

Continue reading "ウィンナワルツというと"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.29

accentus(に至らず)

「買ったら全部聴け」さんが、エリクソンのプーランク合唱曲集について書いていらっしゃる。ワタクシはこのオランダ室内合唱団の盤は存在すら知らず、もっぱら同じエリクソンの何十年も前の録音を聴いていたのだが、これに初めて接したたときの衝撃ははすごかった。

Continue reading "accentus(に至らず)"

| | Comments (1) | TrackBack (2)

2004.12.28

ロッシーニ風?

街を歩いていたら、「ロッシーニ風ステーキ」という籏のぼりが目に入った。脇には、フォワグラ、トリュフ、キャビアと書いてある。世界の三大珍味、というヤツだ。アレ、でも、前2つは確かにトルネード・ロッシーニの構成要素?のような気はするが、キャビアって、そうだったの???一般的にどうだかはワタクシは知らない。ただ、キャビアはこの料理の付け合わせに合うのかなぁ。

この店で供されているモノの写真は、「冬のごちそう&あったかメニュー新登場!」というページでみることができる。

(おまけ)ロッシーニ風ステーキを検索していたら、こういう結構面白いページを発見した。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.12.27

9ヶ月ぶりの日本

日本に一時戻ってきた。日本語で用が足りるので実に快適である。前は一時帰国したときに必ずと言っていいほど、車内でぶつかっても完全無視という態度に違和感(不快感)を覚えたが、今のところそういう目にも遭っていない。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2004.12.25

パリ、クリスマスに向けて(10)(こうさぎ)

きょう、パリへqze01352は危機みたいな指揮された。
qze01352は、

最後はこれでしょうね、やはり。
斜めになってしまっていますが、そのせいで臨場感が

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「piong」が書きました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.12.24

プレートルのこと

 旧聞ですが、さろん・ど・巴里路庵さんのところの日記で、プレートルの日の記念演奏会のことが取り上げられていました。さろんの店主さまは、演奏に参加していらっしゃった方、とのこと。

Continue reading "プレートルのこと"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

シロクマ

あ、グーグルが!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パリ、クリスマスに向けて(10)

CE

最後はこれでしょうね、やはり。斜めになってしまっていますが、そのせいで臨場感があるかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.23

パリ、クリスマスに向けて(9)

CONCORDE
これは「クリスマスに向けて」なのかどうか少し疑わしいですが、夏と冬のこの時期にコンコルド広場とかテュイルリー公園の辺りに登場する観覧車です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゼルキンの一連の復刻とは

フィガロのお薦め盤「完結篇」に小ト短調さんからコメントをいただいた中で、ゼルキンの復刻ものが欲しい!というお言葉があった。ワタクシも欲しい。24枚組で120ユーロ弱なのだ。1枚約5ユーロ。バラで買うと13ユーロ位なので夏の発売時には手に取りながら戻した盤もあったが、この値段なら「買い」である。しかし、このシリーズの全貌が一覧しにくいのだ。どれだけダブり買いになるのかよく分からない。そこで、一覧表を作ってみた。

Continue reading "ゼルキンの一連の復刻とは"

| | Comments (3) | TrackBack (1)

2004.12.22

フィガロのお薦め盤(完結篇)

最後は器楽曲です。ちょっと不思議な傾向がありまして、7点中、ピアノが3点、ギターが2点、クラリネットが1点、オルガンが1点で、ヴァイオリンもチェロもないのです。

Continue reading "フィガロのお薦め盤(完結篇)"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

吉田秀和

吉田秀和全集が完結したそうである。

Continue reading "吉田秀和"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2004.12.20

パリ、クリスマスに向けて(8)

GL

ギャラリー・ラファイエット(デパート)のイルミネーションです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.18

フィガロのお薦め盤(さらに)

声楽篇です。大きなものから小さなものまで11点が挙げられています。

Continue reading "フィガロのお薦め盤(さらに)"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

フィガロのお薦め盤(続き)(こうさぎ)

きのうはパリへピアノとか録音したいです。


*このエントリは、こうさぎの「piong」が書きました。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2004.12.17

フィガロのお薦め盤(続き)

指揮者・管弦楽の次は、オペラである。

Continue reading "フィガロのお薦め盤(続き)"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.12.16

フィガロのお薦め盤

先週のLe Figaroに、冬休みのお勧め盤という企画が載っていた。日本で言えば、今年の1枚、というところか。ただ、新譜の推薦盤だけではなく、クリスマスから新年にかけてゆっくり聞いてみてくだされ、的なお買い物ガイドである。

Continue reading "フィガロのお薦め盤"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.15

音楽の父

小学校の音楽教室には、壁に作曲家の肖像を並べたのが貼ってありましたよね?大体大バッハから始まっていたんじゃないかと思いますが、彼の称号?は「音楽の父」。ヘンデルが「音楽の母」(でしたよね?違うかなぁ)。他にどんなのがあったかと考えてみました。

Continue reading "音楽の父"

| | Comments (5) | TrackBack (2)

2004.12.14

ラムルー管への補助

週末のLe Figaroによれば、パリ市は、運営の危機に陥っているラムルー管に対して補助金を増額して救いの手をさしのべようとしているとのこと。

Continue reading "ラムルー管への補助"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.13

ミュンヘンでのカルロス追悼コンサート

篠の風さんの所で、カルロス・クライバーの追悼コンサートがミュンヘンであった、というエントリーを読みました。そのコンサートで紹介されたカルロスの生前のエピソードもさることながら、コンサートの模様の、篠の風さんの文章も素晴らしく、しみじみとします。ぜひ、どうぞ。

自分は、語るほどのカルロス体験をしていないので、ここできちんとしたエントリーにできないのが残念です。

それでも、数行上で「生前の」と思わず書いてしまってから、胸に寂しさが広がるのを感じました。

| | Comments (3) | TrackBack (4)

2004.12.12

スメタナSQのベートーヴェン

ワタクシとっては、ベートーヴェンの四重奏のデフォルトは、スメタナSQの録音のこのラズモフスキー1番である。78年の録音のLPなので、高校生の時に買ったのだろう。何度も繰り返し聞いた。他の曲も当然聴いてはいるはずだが、演奏と曲がここまで一つになって自分の中に残っているものは、他にない。

Continue reading "スメタナSQのベートーヴェン"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パリ、クリスマスに向けて(7)

montaigne

モンテーニュ通り、シャンゼリゼ劇場がある通りです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

犬のトイレでした(こうさぎ)

qze01352の、由来すればよかった?
qze01352は、

先日の出題の回答ですが、「犬のトイレ」でした。
回答をお寄せくださった小ト短調さ

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「piong」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今週の「選ぶのはあなた」

ravel先週も書いた「選ぶのはあなた」、今日は、ラヴェルの左手のピアノ協奏曲の結果発表があり、一位は、ツィメルマン/ブーレーズ盤でした。他にどのような盤がノミネートされていたのか知らないが、ふーんアルヘリッチとかフランソワ(って一緒にできないけれど)の時代ではないのねぇ、と思いました。

今週は、時節柄、ヘンデルのメサイアがお題となっていて、ノミネートされた演奏は、ビーチャム、ディヴィス、マリナー、ガーディナー、クリスティ、ミンコフスキでした。比較試聴の部分は、ハレルヤコーラス、アルトのアリア、バスのアリア。ワタクシは、クリスティに投票してみようと思います。結果や如何に。

【12月30日追記】
 ごめんなさい、ごめんなさい、ヒアリングのミスでした。【左手】の第1位はフランソワ/クリュイタンスでした。詳しい結果(メサイアも含む)は、こちら

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2004.12.10

パリ、クリスマスに向けて(6)

cler


エコール・ミリテールの近く、クレール通りです。観光客にも人気のある、ちょっとおしゃれな商店街、じゃない、常設マルシェ(と言って良いのかなぁ)です。ワタクシは、アメリカ人(白いスニーカーを履いているのですぐ分かる)が多いので、あまり好きな場所ではありません。この通りにはマクドナルドもスターバックスもありませんけれども。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.12.08

パリ、クリスマスに向けて(5)

sthonore.jpg

有名ブティックのひしめく、サン・トノレ通り。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.07

パリ、2012五輪招致都市

eiffel0.jpg
見慣れた?エッフェル塔の姿である。が、中央部を拡大すると、

Continue reading "パリ、2012五輪招致都市"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ザスパJ2入り

日本では、さんざん報道されているのではないかと思うが、当方は、今晩のネットでの情報で知った次第。草津は密かに応援していたので、なかなか嬉しい。チーム結成まもなくの頃は、Jリーグ入りなんて夢のまた夢ではないかとか思っていたのだけれど、J2まで来たかぁ、感慨深い。

草津は、天皇杯、セレッソを破った試合はなかなか見事だったらしいが、次は15日に横浜と。敵がチャンピオンシップで消耗している間隙を突いてなんて、ことは。。。

ところで、報道の中では、なんと言っても、これがいいなぁ。やっぱ、温泉ですよね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.12.06

犬のトイレでした

toilette.jpg

先日の出題の回答ですが、「犬のトイレ」でした。回答をお寄せくださった小ト短調さま、yukihiroさま、三紗さま、どうもありがとうございました。皆さん正解でしたね。ちょっと簡単すぎたかな、と少し反省。

三紗さまの指摘している、入り口の横にあるビニール袋入れ?の拡大写真が、上にアップしたものです。確かに、あるはずのビニール袋はないし、誰かがこれを使っている様子もとんと見ませんねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パリ、クリスマスに向けて(4)

stdominique.jpg

パリの町のイルミネーションは、シャンゼリゼ通りのようなメジャーなところだけではなく、そこかしこに見られます。これは、7区のサン・ドミニク通り。まだ明るいうち、というか、この写真を撮ったのは朝の9時頃なのですが、もう既に点灯していました。節電の観点からは、ナゾの編集人様に叱られてしまうかも。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

グルダ・モンペリエ・ライヴ(こうさぎ)

きょうqze01352の、サッカーへトゥルシエされたみたい…


*このエントリは、こうさぎの「piong」が書きました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

グルダ・モンペリエ・ライヴ

グルダのモンペリエ・ライヴなんていうものが出ていたとは知らなかった。日本では5月には出回っていたとのことだから、こちらにもあったのだろうか。ただ、fnacでは新譜っぽいコーナーにあったのだが。

Continue reading "グルダ・モンペリエ・ライヴ"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

パリ、クリスマスに向けて(3)

RONDPOINT.jpg

ロン・ポワン・デ・シャンゼリゼの四隅の植木は、この時期雪化粧が施されます。左奥に見えるのがシャンゼリゼ通り(凱旋門方面)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.05

選ぶのはあなた

RADIO CLASSIQUEというクラシック音楽専門の放送局で、毎週土曜日の午後には、A VOUS DE CHOISIRという番組がある。同曲異演の聞き所を何種類かオンエアし、リスナーの投票を受け付けて翌週に支持率の結果発表、という趣向だ。レコ芸にもそういうミニ特集が毎月ありましたね。ただし、こちらは、既に投票範囲が限られているけれど。

で、先週は曲がモーツァルトの交響曲第25番で(聞き損なったが)、昨日その結果発表だった。堂々36%の得票を獲得して第一位だったのは、なんと、

Continue reading "選ぶのはあなた"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.12.04

これは何でしょう?

quoi.JPG

これは、何だと思いますか?エッフェル塔のほど近く、シャン・ド・マルス公園の一画、というか、公園内に何カ所かあるのですが。別に、クリスマスには関係ありません。

正解は、いずれ、また。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

パリ、クリスマスに向けて(2)

sapinblue.jpg

職場の近く、アンヴァリッド橋の南詰の辺りにある、青いクリスマスツリー。由来は知らない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.03

トゥルシエ@マルセイユ

Le Figaro のスポーツ面に、マルセイユの監督となったトゥルシエの記事が載っている。戦術面よりは、彼の監督としての、態度というか精神面のこと、選手との接し方などについての考察?である。トゥルシエ発言も多数引用されている。

Continue reading "トゥルシエ@マルセイユ"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ナポレオンの戴冠

今日(12月2日)は、ナポレオンが戴冠して200年目に当たる。

ナポレオンは国民的英雄だけあって、朝のテレビでも、ダヴィッドの絵の特別展ルーヴルを紹介するやら、民法も教育制度も何もかも、とにかくナポレオンがその基礎を作りました、という感じのニュースを流していた。

Continue reading "ナポレオンの戴冠"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.12.01

マルケヴィッチのチャイ4

markevitch.jpg

マルケヴィッチのチャイコフスキーの4番、5番、6番、ロンドン響との演奏がPHILIPSから廉価盤で出ているが、最近これをよく聞いている。特に4番。一言で言うと、自在な演奏(しかし即興的ではなく考え抜かれていてかつ自然)で素晴らしい。

Continue reading "マルケヴィッチのチャイ4"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

パリ、クリスマスに向けて(1)

vendome.JPG
パリ市内でも、シャンゼリゼ通りをはじめ、色々なところでクリスマス向けのイルミネーションやら飾りやらが始まりました。待降節にも入ったことだし、当館でも、それらしき写真を短期集中掲載してみようかと思います。息が続くかどうか分かりませんが。

ということで、まずは、ヴァンドーム広場のクリスマスツリー。なぜかボールの中に入っていて、広場のそこかしこに5つか6つくらい置かれています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »