« マルケヴィッチのチャイ4 | Main | トゥルシエ@マルセイユ »

2004.12.03

ナポレオンの戴冠

今日(12月2日)は、ナポレオンが戴冠して200年目に当たる。

ナポレオンは国民的英雄だけあって、朝のテレビでも、ダヴィッドの絵の特別展ルーヴルを紹介するやら、民法も教育制度も何もかも、とにかくナポレオンがその基礎を作りました、という感じのニュースを流していた。

Le Figaroは、「その日、パリは大変寒かった」と題する200年前の「時々刻々」的な記事を載せ、一方、Le Monde の方は、「ナポレオンのヨーロッパ:征服者の夢」と題して、こちらは、昨今の欧州統合論議ともからめたようなアーティクル。

いずれにしても、ナポレオンって、フランス人の中で非常に大きな位置をしめるのなぁ、と再確認した次第。

いや、我々日本人にとっても、ナポレオンといえば、これとか、これとか、これとか、この人がすぐ頭に浮かぶし、こんなものや、こんなことにも名前を使われるくらい超有名人。

で、この人に相当するような日本人って誰なんだろう、と思って、歴史好きの同僚に聞いたところ「この人でしょう」とのこと。それまでの行き詰まっていた旧秩序を壊して今の社会の基礎を切り開いたのは、この人、というわけだ。

(追記)Le Figaroには、ダヴィッドの絵の展覧会に着いての記事もあったので、こちらもリンク張っておきます。

|

« マルケヴィッチのチャイ4 | Main | トゥルシエ@マルセイユ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/2136727

Listed below are links to weblogs that reference ナポレオンの戴冠:

» ナポレオン戴冠式200周年 [うるわしのブルターニュ]
  ナポレオンがパリのノートルダム大聖堂で戴冠したのは1804年12月2日だった [Read More]

Tracked on 2004.12.04 at 02:56 AM

« マルケヴィッチのチャイ4 | Main | トゥルシエ@マルセイユ »