« 音楽の父 | Main | フィガロのお薦め盤(続き) »

2004.12.16

フィガロのお薦め盤

先週のLe Figaroに、冬休みのお勧め盤という企画が載っていた。日本で言えば、今年の1枚、というところか。ただ、新譜の推薦盤だけではなく、クリスマスから新年にかけてゆっくり聞いてみてくだされ、的なお買い物ガイドである。

指揮者としては、没後50年のフルトヴェングラーが別格的に取り上げられ、推薦盤もオルフェオからのザルツブルク・ボックス「ドン・ジョヴァンニ」(1953)、ハルモニア・ムンディから出ている3枚組(枚数が会わないけれど多分これ)、IMGから出ているベートーヴェンの3番、5番、9番と盛りだくさん。そして、プレートルの生誕80年記念盤、アッバードのこれ(ただし曲目は「海」とのみ紹介されている(笑))と続いて、なぜか次はチェリビダッケがまたたくさん取り上げられている(フルトヴェングラーとのバランスか?)。ブルックナーの8枚組IMGの2枚ものがお勧めとのこと。なお、このIMGのシリーズにはトスカニーニ、クーベリック、カラヤン、ライナーもあるよ、と軽く触れた後は、なぜかアンチェル(失礼)。エディション・ドールのシリーズからマルティヌーとストラヴィンスキー(これこれ)が挙げられている。あとは、シャイイーのマーラーの9番、ラトルの彼方の閃光、ロンドン響100年記念アルバム(アンダンテ)と続く。

この後に、器楽編、声楽編と続くのだが、疲れたので、ここでアップ(つづく(多分))

|

« 音楽の父 | Main | フィガロのお薦め盤(続き) »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/2281525

Listed below are links to weblogs that reference フィガロのお薦め盤:

« 音楽の父 | Main | フィガロのお薦め盤(続き) »