« 「冬の旅」の結果 | Main | 演奏会後のビールにしか興味のない人物 »

2005.02.13

サル・ワグラムでの爆発事故

sw1
今朝(13日)のことです。早朝に何か音がしたなと思ったのですが、気にも留めず寝ていたところ、数時間後に外に出てびっくり。家の斜め前当たりのTheatre d'Empire が崩壊していました。フランスのテレビ局のウェブサイトでの報道記事はこちら(写真もあります)。

家の前に警察や消防車がたくさん来ていて、道も封鎖されてしまいました(歩行者も)。パリの地理に詳しい方には、凱旋門広場からワグラム通りを下ってテルヌ広場に出る手前くらい、と言えば見当が付くかもしれません。

爆発の原因は今のところ明らかにはなっていません。けが人は7人とのこと。

このテアトル・ダンピール、近年は舞踏会場、音楽会場、テレビ番組の収録会場、さらに最近は催事場に使われていたのですが、ここのメインホールが(中に入ったこともなく実はよく構造を知りませんが)あのサル・ワグラムなんです。そう、クリュイタンス/パリ音楽院管、ミュンシュ/パリ管、仏EMI(パテ・マルコニ)のオーケストラ録音は50年代後半以降、パリではここがメインでした。カラスのパリでの録音にも使われていたそうです。今世紀に入ってからも、佐渡裕/ラムルーなんかの録音もされているようですし、まだまだ現役だったのではないかと。

ですが、今回の爆発で、内部はどうなったのかはまだ分かりませんが(ファサードはめちゃめちゃですが、建物自体は崩壊したりはしていません)、関連の新聞記事で「6月にはホテルに改装される予定(だった)」と知りました。いずれにしても、ホールとしての仕事はもう終わりつつあったところなのかもしれません。ウィーンのソフィエンザール(これも舞踏会場ですね)といい、一時代を画した録音会場がなくなっていくのは寂しいことです。

|

« 「冬の旅」の結果 | Main | 演奏会後のビールにしか興味のない人物 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Daruというと、綺麗なロシア教会のある通りですね。かなり現場と近いですねぇ。現場は正確にはテルヌ広場(花屋やメトロのテルヌの出口がある)と凱旋門の間です。
とすると、夏の間はあの辺りですれ違っているかもしれませんね。

Posted by: ガーター亭亭主 | 2005.02.19 12:29 AM

こんばんは。

ここって、メトロのTernesのあたりですか? 昨夏パリで居候していた家からとても近いです(Rue Daru)。でも怪我人が7人とはよかったですね。日曜の朝だったから幸いだったのでしょう。

Posted by: 三紗 | 2005.02.17 05:58 AM

ありがとうございます。無事にしております(が、今日になっても、現場の前の結構大きな通りは車をシャットアウトしていて、近隣は大渋滞になっています)。内務大臣のコメント(当日の午後現場で行われたとのこと)によれば、原因はまったくわからない、とのことなんです。事件と言っても、テロの対象になるのかなぁ、というのは疑問ですし、他方、「ガスはこの建物には供給されていなかった」(フランスガス)とのことですし、既に改装工事をしていたらしく、それとの関係を疑っている人もいるようです。いずれにしても、今のところ原因不明です。

Posted by: ガーター亭亭主 | 2005.02.14 07:12 PM

 うわ、これはひどい。ご無事でなにより。事故なのでしょうか、事件なんでしょうか。

Posted by: iio | 2005.02.14 05:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サル・ワグラムでの爆発事故:

» サルワグラムの火災に思う [鎌倉・スイス日記]
パリのサルワグラムが爆発事故に遭ったというニュースが先月流れたが、ウィーンのソフィエンザールも火災のあとどうなったのだろう。募金したりして再建への運動が起こって... [Read More]

Tracked on 2005.03.03 12:57 PM

« 「冬の旅」の結果 | Main | 演奏会後のビールにしか興味のない人物 »