« サル・ワグラムでの爆発事故 | Main | ケフェレックの新譜 »

2005.02.14

演奏会後のビールにしか興味のない人物

30年近く前に、宇野功芳がハイドシェックとヴァンデルノートのモーツァルトの協奏曲のディスクを短評しているのを読んだ記憶があります(その後多分色々なところで繰り返し語られているのでしょうけれど)。多分、75年?当時レコ芸付録についていた名演盤推薦みたいな小冊子の「協奏曲篇」だったんじゃないかと思いますが、もしかしたら月評か単行本の「モーツァルトとブルックナー」だったかもしれません。

で、その中に「ヴァンデルノートは、ハイドシェックによれば、演奏よりその後のビールにしか興味のない人物とのことだが、なかなかどうして立派な伴奏をつけている」みたいな記述があったと記憶しています(記憶に頼って書いています。表現はあまり正確に覚えていない点乞ご容赦)。「ヴァンデルノートというのは、そうか、酒呑みなのかぁ。」と理解しましたが、突然昨日気が付いたことがあります。

ヴァンデルノートはベルギー人ですよね。ベルギーと言えばビール。で、ハイドシェックは言わずとしれたシャンパンメーカーの御曹司。宇野氏が紹介していたハイドシェックのヴァンデルノート評というのは、「酒が好き」とか「いい加減な性格」ということではなく、演奏の後に(シャンパンでなく)ビールを飲むようなベルギー育ちの非洗練派指揮者、という意味のジョークだったのではないかと。。。

案外、自分でもこの推論は良い線をいっていると思いますね。ヨーロッパの国民の中では何と言ってもアイルランド人がからかいの対象になるわけですが、フランスではベルギー・ジョークがアイリッシュ・ジョークよりもしかしたらよりポピュラーかもしれません。それと、自分の出自をうまくミックスさせた、ハイドシェックの冗談だったのではないでしょうか。

ただ一つだけ、この推論には根本的な欠点がありまして、それは、ヴァンデルノートが演奏後に好んで飲むものが「ビール」だったという話であることに確信が持てないのです。もしかして、「ワイン」だったら、根底から崩れてしまいます。誰か当時のレコ芸別冊を確認できる方はいらっしゃるでしょうか??

|

« サル・ワグラムでの爆発事故 | Main | ケフェレックの新譜 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Schweizer_Musikさま
コメントとTBありがとうございました。
本当に、ヴァンデルノート、EMIの一時だけだったんでしょうかねぇ、輝いたのは。

Posted by: 亭主 | 2005.09.13 at 03:35 PM

すみません。TBをダブってうってしまいました。お手数でしょうが、一つ消しておいていただけますでしょうか?

Posted by: Schweizer_Musik | 2005.09.10 at 07:57 AM

TBありがとうございました!!
宇野氏はそんなことを言ってたのですか・・・。私はシャンパンかワインが好みだけれど、お金の問題もあるからやっぱりビールかなぁ。でもコンサートよりも・・・という宇野さんのジョークはうまく出来ています。
当のアンドレ・ヴァンデルノートは、確かに元気は良いのですが荒っぽさと紙一重みたいなところがありますねぇ。ハイドシェックとの演奏はこの荒っぽさがなく、清々しさが残る演奏でしたが、後年出たライブはその丁寧さが無くなっていました・・・。

Posted by: Schweizer_Musik | 2005.09.10 at 07:50 AM

こちらこそご無沙汰しております。

フランス対ベルギーは東京対埼玉みたいなもので、(少なくともフランス人は)ベルギー人を一方的にバカにしております。イギリス対フランスのけなし合いとはまた違った事情かと。

Posted by: ガーター亭亭主 | 2005.03.01 at 11:04 PM

お久しぶりです。

フランス人とベルギー人のけなし合いは、近親憎悪をシニカルに楽しんでいるのでは?って思えるフシがあります。実情を知らないのですが…

こういうのもありました。
「フランス人はムール貝ばかり食べているじゃないか?」
「いいや、それこそ君らベルギー人はフライドポテトばかりたべてるじゃないか。」
「ふ~ん、その芋の空揚げはフレンチフライって言うからね」

逆だったかもしれません。記憶違いなら申し訳ないです。

Posted by: frostcircus | 2005.03.01 at 08:28 PM

K尊師は分かっていなかったでしょう。ところで、「全自動音楽評論ジェネレータ功芳くん」の存在を知ったのはつい最近でした。Hayesさんは昔から知っているのに。。。

Posted by: ガーター亭亭主 | 2005.02.19 at 12:31 AM

いかにもフランス人のいいそうなジョークですね。K尊師はそこまで理解してそのジョークを載せてたのかなあ。

Posted by: ユウスケ | 2005.02.16 at 04:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/2929334

Listed below are links to weblogs that reference 演奏会後のビールにしか興味のない人物:

» 過去の演奏家? -15- [鎌倉・スイス日記]
アンドレ・ヴァンデルノートについて書いてみようと思う。彼の経歴を調べようとONTOMO MOOKの「指揮者とオーケストラ2002」を開いてびっくり。彼の名前がないのだ・・・。わずかにロイヤル・フランダース・フィルハーモニー管弦楽団の歴代の指揮者として触れられているに過ぎない。今となっては一部のマニアに知られる指揮者ということなのだろうか? 1927年6月2日、ベルギーの名家に生まれたというアンドレ・ヴァンデルノートは、ブリュッセルの王立音楽院、及びウィーンのアカデミーで学んだ後、1951年、ブザン... [Read More]

Tracked on 2005.09.10 at 07:52 AM

« サル・ワグラムでの爆発事故 | Main | ケフェレックの新譜 »