« これが私の作品です(BlogPet) | Main | これが私の作品です(BlogPet) »

2005.04.17

ルイージ&はんぶるオンライン

エントリ投稿を怠っております。何しろ爆忙でありまして、これは、今月いっぱいは続く見込みです。

しかし、この2点だけは、自分が付け加える内容がなくともご紹介せねば。

1.ルイージのことを取り上げてくださった(という言い方も変ですが)ブログを発見。
 一つはじぃの繰り言さんのところ。もう一つは、鎌倉・スイス日記さんのところです。そして、そこを経由する形でハンブルク日記・ドイツ音楽紀行さんのところでも。いやぁ、本当に嬉しい限りです。
 自分が過去に書いたルイージ関係のエントリを一応おさらいしておくと、ここここここここここ。もう昨年5月からルイージのこと書いていないんだなぁ。
 ところで、こういうの(自分が過去に書いた「ルイージ」関係の記事を探す)って検索ももちろん可能なんでしょうけれど、やり方を知りません。本館の方にまとめておいた方が良いのかも。とか何とか言いながら、本館の宣伝。

2.山崎浩太郎さんがはんぶるオンラインを開設されました。誰それ?と言う方も、おぉ、と舌なめずりされる方も、ぜひぜひどうぞ。この情報は山尾さんのところで知りました。


|

« これが私の作品です(BlogPet) | Main | これが私の作品です(BlogPet) »

音楽」カテゴリの記事

Comments

>山崎さん

 山崎さんもルイージが好きと聞き、すごく嬉しいです。

 確かに日本ではそれほど接する機会が多くはないですが、N響には2年続けて客演したので(評判も悪くなかったと思います)、今後関係があるのかも、と思ったりします。そして、来季はいよいよ新国に出ますし。

Posted by: ガーター亭亭主 | 2005.04.20 at 05:26 AM

>フンメルさん

フンメルさんはドイツの放送を見ることができてうらやましく思います。しかし、ヨーロッパでの活躍は本当にめざましいですよね。ウィーンでナブッコとファルスタッフのプレミエを任されているし、ウィーンシンフォニカーとドレスデンのシェフになるわけだし。
でも、そうなったら、やっぱりMDRは辞めちゃうんでしょうかね。ちょっと不思議、と言うか意外なのは、MDRのHPでルイージがドレスデンに就任、と書かれていたことです。よそのポストに就くことをアナウンスするというのが不思議な感じです。今後ともMDRとは関係を続けていくのか、それとも余程慕われているのか。さらにもしかしたら、行き先が非常に良いので気にすることもないのか。。。

Posted by: ガーター亭亭主 | 2005.04.20 at 05:23 AM

>じぃ さま
確かに、ルイージの指揮姿(特にイタリアオペラ)は、熱狂がすごくて空回りするんじゃないかという危惧をもってしまうほどですよね。ただ、ミュンヘンやオーストリアでのキャリアが長く、それも「イタリア人の指揮者」としてではなくて、もっとユニバーサルな仕事をしていく人のように思います。熱狂と理知、アルプスの南と北のバランスが良くとれているんじゃないかと思います。イタリアと言ってもジェノヴァですしねぇ。

でも、歌、声の扱いはやっぱり抜群にうまいと思います。

Posted by: ガーター亭亭主 | 2005.04.20 at 05:18 AM

>Schweizer Musikさま
こちらこそ、ルイージの仲間?がたくさんいるのを知って、嬉しいです。
で。私もスイス・ロマンドを辞めたのは意外でした。ただ、あれは時期的に、(結果的にご破算となった)ベルリンドイチェオパー就任が決まった頃ではなかったか、と思います。そうなると、ベルリン行きのためにルイージがジュネーブを去った、という見方もできなくはないですが。

Posted by: ガーター亭亭主 | 2005.04.20 at 05:08 AM

ご亭主、拙ページをご紹介いただきありがとうございます。

ルイージ、じつは私も好きなのです。
昨年のMDRとの来日公演も見事なものでした。
信頼するわたしの友人も、ミュンヘンで《マノン・レスコー》をきいて感動したそうです。
残念ながら日本では、きける機会も音源も限られているのですが。


Posted by: 山崎浩太郎 | 2005.04.19 at 12:22 AM

ルイージを高く評価されているのを知り嬉しく読ませていただきました。現在シェフを務めるMDRオケはかなり地味ですが、彼の音楽に向き合う真摯な態度と熱い指揮には感心していました。各地のオペラ座や、MDRの映像を通して接した限りでは、ルイージは本当に素晴らしい指揮者です。

Posted by: フンメル | 2005.04.18 at 07:48 PM

TBありがとうございました。リンクを張っていただきましたが、こちらからもTBしました。ふぁるさんや某水棲系HNの方から「ルイージはすごい」とうかがっていて、一度は是非、と思っていました。オペラでの彼の「ちから」、なみじゃぁなかったです、ホントに。シモンやナブッコ、いいだろうなぁ…。

Posted by: じぃ。 | 2005.04.18 at 11:24 AM

TBありがとうございました。ファビオ・ルイジについてこんな反響があるとは思っていなかっただけに、とても心強く思いました。しかし、返す返すもスイス・ロマンド管弦楽団が彼を手放したことが残念でならないのです。スイス・ロマンド管ではファビオ・ルイジが物足りなかったのかも知れませんが・・・。

Posted by: Schweizer_Musik | 2005.04.18 at 09:18 AM

あ、そうですそうです。山崎さんのサイトのことで。ところで、嬉しくなってご本人にもメールを出したりしました。

Posted by: ガーター亭亭主 | 2005.04.18 at 12:12 AM

TB見てびっくりしました。ふぁる2さん、いつの間にかクドカンのファンになられたのかと(笑)。山崎さんウェブサイトに反応されたんですね。

Posted by: at.yamao | 2005.04.17 at 11:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/3744956

Listed below are links to weblogs that reference ルイージ&はんぶるオンライン:

» ウィーン交響楽団のシェフに就任するファビオ・ルイジ [鎌倉・スイス日記]
スイス・ロマンド管弦楽団の話の余話となるが、スタインバークの前任であったファビオ・ルイジがライプツィヒ放送交響楽団に転出して五年。このオーケストラは大きく成長を遂げ、一昨年だったか昨年だったか、記憶がぼんやりしてしまっているが、来日を果たした。 スイス・ロマンド管弦楽団との来日の時は、明らかに不評に近かったが、今回は比較的好評に終わったようで、私も高く評価する指揮者の一人であるファビオ・ルイジだけに、嬉しく思っていた。残念ながら私は聞きにいけなかったが・・・。 そして今年のシーズンから、昨年末来... [Read More]

Tracked on 2005.04.18 at 09:16 AM

» ベルリン州立歌劇場「ドンカルロ」 [ハンブルク日記+ドイツ音楽紀行]
先の「ブーイングとブラヴォー」記事を書きながら思い浮かべていたのが、2004年6月20日にベルリン州立歌劇場で観た「ドンカルロ」。すさまじいブーイングとブラヴォーのオペラでしたので、昨夏の話ではありますが、少々書いてみます。    ・・・・・・ その夜はそもそも開演前から観衆の様子がおかしく、”不穏”な雰囲気がただよっていました。幕が開いてもざわざわとした感じがします。大して過激とは思えない場面で時折ブーが入るのです。今日はどうしたんだろう?とは思いましたが、その時点では予備知識ゼロだった私には... [Read More]

Tracked on 2005.04.18 at 07:50 PM

» 「いま」を生きる指揮者(21)-ファビオ・ルイージ- [じぃの繰り言2005本館。]
昨年の今頃はヴィーンにいた、ということを書いた。メインはランニクルズの振る「 [Read More]

Tracked on 2005.04.19 at 01:53 AM

« これが私の作品です(BlogPet) | Main | これが私の作品です(BlogPet) »