« あなたは何を聴いているか | Main | 「春」のこだわり(BlogPet) »

2005.06.17

ウィーンフィル・パリ公演

シャンゼリゼ劇場で先週あったウィーンフィルの来パリ公演、ワタクシは行っていませんが、珍しいことが起きたと人から聞きました。

メータ指揮のこの演奏会、休憩後の家庭交響曲の冒頭のオーボエのソロが出をとちった?とのこと。で、止まってしまい(止めた、というのが正しいのか知らないが)、最初からやり直したのだそうです。

何ぶん立ち会っていないので実際のところの雰囲気はよく分からないんですが、別に会場が凍り付いたと言うこともなく、メータが冗談か何か?を言って、一同なごやかに淡々とやり直したとのこと。そのまま先へ進めるというわけにはいかなかったのかなぁ、と一瞬思ったりしますが、まあ、それは、その場にいないと分かりません。

オーボエのとちりというと思い出すのは、カラヤン=ベルリンフィルの来日公演でのベートーヴェンの7番の冒頭。ローター・コッホではなかったかと思いますが、派手に2拍くらいずれてしまったということがありましたが、止めて最初からやり直しなんてことはありませんでした。まあ、曲も全然違いますしね。

マーティン・ガブリエルは、カーテンコールで、指揮者から立つように促されて、ちゃんと拍手に応えていたとのこと。きっと、それで演奏の質が云々されるようなミスではなくて単なる「事故」の一つで、どうということもなかったのかもしれませんね。

あ、もちろん、このエントリはくさすつもりでも何でもなくて、ワタクシはガブリエルのオーボエは大好きです。

|

« あなたは何を聴いているか | Main | 「春」のこだわり(BlogPet) »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/4581880

Listed below are links to weblogs that reference ウィーンフィル・パリ公演:

» ウィーン・フィルのパリ公演 [鎌倉・スイス日記]
ウィーン・フィルのパリ公演で、オーボエが「オチテ」やり直すという珍事があったそうです。まぁ、ウィーン・フィルほどのオーケストラが外国公演で音楽を止めたということでニュースになるのであって、ふつうはまぁ多々あること(ということもないか・・・滅多にあるものではない) シューマンのピアノ協奏曲の終楽章で、誰のだったか忘れたけれど、ピアノがどこを弾いているのか判らなくなって止まったことがあった。あれは結構わからなくなりやすい曲なのだそうだ。(なるほど) 私が持っているCDで、アルトゥール・シュナーベルの... [Read More]

Tracked on 2005.06.20 at 10:11 PM

« あなたは何を聴いているか | Main | 「春」のこだわり(BlogPet) »