« June 2005 | Main | August 2005 »

July 2005

2005.07.27

EL MILAGRO DE CANDEAL

カンジャル(発音自信なし)カンジアウの奇跡」という映画を見てきました。ワタクシの中では、"MUSICA CUBANA"に続くキューバ音楽フィルムなのですが、多くの人にとってそういうつながり方をするのかどうかは分かりませぬ。

Continue reading "EL MILAGRO DE CANDEAL"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

疲れたときには

山尾さんのところで耳寄りなモノを見つけました。

以下、実施例です。

Continue reading "疲れたときには"

| | Comments (1) | TrackBack (2)

2005.07.25

何が我々をそうさせたのか(BlogPet)

きょう、春のに限定しなかったよ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「piong」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.22

フランス携帯着メロ事情

特に着メロにはこだわりませんが、CLASSICAで着メロ関連のエントリがあって、ワタクシが加入している(正確には職場からあてがわれている)フランステレコムの携帯にはデフォルトでどんな着メロが入っているのか気になったので、参考までに書いてみます。日本とはもしかして傾向が違うかも。

Continue reading "フランス携帯着メロ事情"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.07.18

道を尋ねられる、ふたたび(BlogPet)

運転中の人が車を止めて聞いてくることも
と言うと、キーッと車が止まり、「道を教えてもらえますかねぇ、普通」
しかし、この女性は(ワタクシも)
運が良かった
とあったかなぁ
と車が止まり、「すみません」
と思いつつ「はい」
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「piong」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.17

何が我々をそうさせたのか

先日、当別館を夏季限定の涼しげなデザインに変えたところ、殆ど時を同じくして、CLASSICAさんもデザイン一新されたのでびっくり。その件は、坂本くんにも話題を提供させて頂いて、喜ばしい限りです(あ、いや、その、お目にとまって嬉しいんです、もちろん)。やっぱり「夏だから」でしょう。それにしても、「おかか」の背景色が宇治茶を表していたとは。。。奥が深いです。

ところで、上記CLASSICAの「肖像王クイズ」ですが、ワタクシも左から2人目は分かりませんでした、というか坂本くんの回答を読んでも、今でも分かりませぬ。うう、精進しなければ。そういえば、前回の作曲家肖像クイズで正解して、期間限定でCLASSICAさんにリンクを張ってもらい(当時は本館)、ウェブサイト→ウェブログとつながる道を歩き出したことを思い出しました。いつのことだったかなぁ。

それはともかく、他の3人のワタクシの回答は以下のとおりです。

Continue reading "何が我々をそうさせたのか"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2005.07.16

石原都知事フランス語問題の続き

6月始めのエントリで取り上げた、「石原都知事がフランス語は数の数えられない言葉だから、それをやっているヤツにろくなものはいない」発言問題ですが、正式に訴えが提出されました。フランス落書き帳さんのところで知りました。

Continue reading "石原都知事フランス語問題の続き"

| | Comments (7) | TrackBack (13)

2005.07.15

ユーロコイン その後

5月のエントリでは、フランス、ベルギー、オーストリアのみがコンプリしていると書いたユーロコインですが、その後ドイツ、スペインを制覇致しました。

Continue reading "ユーロコイン その後"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

道を尋ねられる、ふたたび

夏季限定で、ブログのデザインを変えてみました。

さて、「道を尋ねられる」yacoさんから頂いたコメントに「運転中の人が車を止めて聞いてくることも」とあったのですが、それを体験しました。

Continue reading "道を尋ねられる、ふたたび"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月14日

7月14日のシャンゼリゼ大通りのパレード、ロンドンのテロの直後だけに警戒度を上げたそうですが、そこのところは、ワタクシにはよく分かりませんでした。今年はフランスにおけるブラジル年と言うこともあり、ブラジル大統領も式典に参加し、ブラジルの軍隊も行進に参加したとのことなんですが、見える位置を確保できたのが遅かったので、それも分からずじまい、と何とも中途半端な見物となってしまいました。

Continue reading "7月14日"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.14

ラジオから流れてきたのは

10日ほど前のエントリ「ラジオから流れてくる」で紹介(になっていない)した、2つの演奏ですが、1.の「マイスタージンガー」前奏曲はテンシュテットのライヴでした。これは最近とみに評判が高い盤(たぶんコレ)のようですね。2.のブラ4はエッシェンバッハの演奏でした。表現意欲が旺盛なあまりちょっと行き過ぎてしまうことがある、という演奏の見本のようなものだと思います。早く枯れてくれないかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

半袖シャツ

ワタクシは、ウィークデイはスーツにネクタイ生活者でありますが、夏になってもシャツは長袖であります。別に格好がどうとか言うことではなくて、半袖のシャツに上着を着ると、腕に上着の裏がぺたぺたくっついて、気持ち悪いからなのであります。

じゃぁ上着を着なければ良いではないか、というのは大都市電車通勤者にとっては説得力のない反論であります。電車の中は寒いのであります。ついでに、オフィスも寒かったりするのであります(今年、果たして東京の状況が変わったかどうか興味のあるところですが)。上着なしでは暮らせません。

しかし、

Continue reading "半袖シャツ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

数独、フランス上陸

数独がFIGAROに登場、というインターネットマガジン、INTERN@UTE"の記事で、オイラー起源、日本で発展、香港経由で英国でブレイクしたこのゲームが仏に本格的に上陸と書かれています(記事中にニコリの名前が出てきたのにはびっくり)。

Continue reading "数独、フランス上陸"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mozart in the jungle を探す

坂本くんのところで紹介されていた"Mozart in the jungle"を入手しようとしたんですが、これがなかなか大変でした。

Continue reading "Mozart in the jungle を探す"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.11

ラジオから流れてくる(BlogPet)

きょうは人とか絶句したいです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「piong」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.06

オリンピック

開催都市の決定まで数時間、ということで、本命視されている?当地のテレビは、朝からシンガポールからの中継ばかりです。

IOCの評価報告書で一番評価が高かった(別に点数がついているわけではないですが)というのが本命説の根拠ですが、地域バランスから言えば、次はアメリカ大陸の番ではないかという気がするのですが。

1992 バルセロナ 
1996 アトランタ
2000 シドニー
2004 アテネ
2008 北京

もしかすると「ギリシャはヨーロッパにはカウントされない」という感覚かもしれません。いずれにしても、次はインフラのしっかりしたところだろう、というのは想像がつきますし、その意味で残っている5都市にはいずれも資格があるでしょう。本当はアフリカか南米でやるべきではないかと思いますが、2010年のサッカーW杯が南アにいきましたし、あのような巨大大会をホストする元気は、南半球にはないのかもしれません。

日本の国体が戦後のインフラ整備に大きな役割を果たした(どこに行っても「国体道路」ってありますよね)のの世界版という面がもちろん五輪にもあるわけですが、どうも、昨今の大会は、スポンサーとメディアの要求(もちろんそれは回り回って何十億の観客の要求(とされている))が、その都市の必要とするインフラ整備にとってオーバースペックになってきていると思います。

ある程度インフラ(今では交通よりも情報)が存在していて、しかも地域の開発に資する、となると、大都市の周縁地域での開催という線が一つの回答ということになるのでしょう。

まあ、こうした流れは1984年のユベロスのロサンゼルス大会以来のことで、サマランチも既に退いた今、このように解釈するのは既に時代遅れかもしれませんが。

いずれにしても、あと4時間くらいです。

そうそう、今思いついたのですが、パリ開催となったら柔道のドゥイエが組織委員長になるのではないでしょうか。アルベールビルでキリーが双頭の委員長の一人となったように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.05

ラジオから流れてくる

ラジオをつけると流れてくる演奏は、虚心坦懐に聞くことが出来る。つまり、予め「これはバレンボイムだから」とか「これはショルティだから」とか「アシュケナージだから」などという偏見を持たないで聞けるということ。

裏返して、これは一体誰の演奏だろう、などと考えながら聞くのもなかなか楽しい。え、これがメータ?という驚きの結果や、ああ、やっぱりマズアね、などという予想を裏切らない結果の両方に接することがある。一体これは、、、と訝りながら聞いて、さもありなん、ということも。

Continue reading "ラジオから流れてくる"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.07.04

6月の歩数(BlogPet)

きのうはオムロンと篠の風でパが記録されたみたい…


ミュージカル・バトンというものが回って参りました。
メメントモリのユウスケさんからです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「piong」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.02

人前でそんな。。。

人前でするのは恥ずかしいことがあります。あ、ワタクシがということではなくて、「一般的」に。
たとえば、排泄、性行為、食事、睡眠なんて言うのは、まぁ、程度の差はあれ、それに入ると思います。

これは、しかし、なぜ「恥ずかしい」と感じるのでしょうね。

Continue reading "人前でそんな。。。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.01

キューバでオペラ

ラテンな日(2)にいただいたmacomacoさんのコメントに、「キューバでもオペラを観てきました!」とあったんですが、最初、意外な感じを受けてしまったのですよね。

でも、よく考えてみると、これ(意外な感じを持ったこと)ってすごく変なことですね。だって、キューバは19世紀半ばまでスペインの植民地であったわけで、文化の一つの源流として、ヨーロッパのものが堂々大きな位置を占めているのは当たり前のこと。アメリカにだってオペラハウスがあるわけだから。

文化的・歴史的背景を考えれば、日本にオペラ劇場のあることの方がよっぽど不思議です。

で、なぜ、意外な感じをもったかと考えてみると、「オペラ」に「きらびやかさ」とか「富・裕福」とかそういうイメージを自分が根強く持っていると言うことなんでしょうね。そして、「キューバ」からはそれを連想できなかったということでしょう。

これって、オペラとキューバの両方に対して失礼な話で、それぞれに偏狭なイメージをワタクシが持っていることが明らかになってしまいました。ああ、恥ずかしい。両方とも、もっと豊かで多様なものなのに。

反省。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

6月の歩数

最初に謝っておきます。
これは、篠の風さんの毎月の企画(5月分はこちら)のパクリです。ごめんなさい>篠の風さん。

Continue reading "6月の歩数"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »