« 6月の歩数(BlogPet) | Main | オリンピック »

2005.07.05

ラジオから流れてくる

ラジオをつけると流れてくる演奏は、虚心坦懐に聞くことが出来る。つまり、予め「これはバレンボイムだから」とか「これはショルティだから」とか「アシュケナージだから」などという偏見を持たないで聞けるということ。

裏返して、これは一体誰の演奏だろう、などと考えながら聞くのもなかなか楽しい。え、これがメータ?という驚きの結果や、ああ、やっぱりマズアね、などという予想を裏切らない結果の両方に接することがある。一体これは、、、と訝りながら聞いて、さもありなん、ということも。

そこで、最近の「さもありなん」を2つ。誰の演奏だったかは次回に書きますが、さて、ワタクシのつたない筆で皆様想像がつきますでしょうか?予想コメント歓迎です。

1.ラジオをつけたら、「マイスタージンガー」の前奏曲の後半。金管に目一杯強奏させ大迫力、それに負けずに弦の各パートがうねるようにモリモリ弾く。構えの非常に大きくかつ表情の濃厚な演奏だが、妙にオケの縦の線が驚くほど合っていないところがある(別に、だからダメな演奏とはさらさら思わないが)。最後には巨匠風のラレンタンド。録音はステレオで悪くないが、う~ん、誰の演奏だろう、と思っていたところ、演奏終了後には大拍手。ライブだったのかぁ。アナウンスを聞いて、あぁ、なるほどねぇ、と納得。

2.流れてきたのはブラームスの4番の2楽章。なんだこれはぁ!このねっとりと常軌を逸したようにテンポも自由に歌いまくるのは。こんな変な表情付けの演奏、一体誰がするんだろう。あまりにこれは趣味が悪いというかわざとらしいというか。音も悪くないけれど、最近の人では、バレンボイムでもこんなことはしないだろうに。。。で、(2楽章だけのオンエアだった)演奏者名を聞いて、一瞬絶句。でも、この人ならこれはあり得るなぁ、それにしても、この比較的身近な人の名前が頭に浮かばなかったのは自分も修行が足りないなぁ、と少し恥じつつ反省。

|

« 6月の歩数(BlogPet) | Main | オリンピック »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/4834998

Listed below are links to weblogs that reference ラジオから流れてくる:

» ラジオからら流れてきたのは [ガーター亭別館]
10日ほど前のエントリ「ラジオから流れてくる」で紹介(になっていない)した、2つ [Read More]

Tracked on 2005.07.14 at 08:58 PM

« 6月の歩数(BlogPet) | Main | オリンピック »