« 7月14日 | Main | ユーロコイン その後 »

2005.07.15

道を尋ねられる、ふたたび

夏季限定で、ブログのデザインを変えてみました。

さて、「道を尋ねられる」yacoさんから頂いたコメントに「運転中の人が車を止めて聞いてくることも」とあったのですが、それを体験しました。

場所は、セーヌ川左岸の川沿いの道、アルマ橋とアンヴァリッドの間でした。ここは、両方向通行で片側に2車線くらいできるそこそこ広い道で、結構なスピードで皆さん走っている(だからレーダーの取り締まりなんかもたまにやっている)ところです。

午後9時頃道沿いを歩いていると、キーッと車が止まり、「すみません」と子供を2人乗せた中年の女性。「なんだろうかなぁ」と思いつつ「はい」と言うと、彼女の質問はまったく意外なものだったのです。

「メッツへの道を教えてもらえますか?」

。。。

だって、メッツって、もうルクセンブルクの真下で、パリから300キロくらいは離れています。そんな町への道を歩行者に訊きますかねぇ、普通。

しかし、この女性は(ワタクシも)運が良かった。当該地点からだと、メッツへ向かう高速への乗り方は、説明するのが最も簡単な部類なのです。

「まっすぐ行って最初の交差点を左、橋を渡ったらすぐ右、対岸の川岸の道(地下に潜るところもある)を今向いているのと同じ方向にひたすらまっすぐ行くと、そのうちA4とかメッツとかいう表示が出るからそれを辿れ。」

これが、リールとかルーアンとかリヨンとかだと、とても説明できなかったでしょう。

ちゃんとあの日の内に着いたかなぁ。

|

« 7月14日 | Main | ユーロコイン その後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/4976813

Listed below are links to weblogs that reference 道を尋ねられる、ふたたび:

« 7月14日 | Main | ユーロコイン その後 »