« 「田」軍団 | Main | 誉められた »

2005.08.04

音楽家の道(4) いわゆる「ベルカント」の人たち(2)~ドニゼッティ

いきなり「音楽家の道(4)」なんて、まるでテーマより変奏が先に来るラフマニノフみたいだなぁ、と思ったりしますが、遡ってタイトルまでいじっちゃうのはちょっとね、ということで、第1回から第3回のタイトルはそのままにしておきます。
この連載開始記念で、エントリのカテゴリーに「音楽家の道」を作り、カテゴリーごとのエントリ表示機能をオンにしました(右下の方)ので、ご活用頂ければ幸いです(ついでに過去の企画モノ「選ぶのはあなた」や「パリ、クリスマスに向けて」もカテゴリを新設しました)。

donizetti01さて、パリのドニゼッティ通りは16区の南の端の方にあります。同じ16区でもパッシーとかオツにすました北の方とはちょっと違ってサンパな地域です。ミラボー橋、オートゥイユ競馬場、パルク・デ・プランス(サッカー場、PSGの本拠地)なんかが近いと言えましょう。
幅15メートル、長さ95メートルのこの道ができたのは1853年、その時はモンモランシー通りとの名称でした。しかし、ちょっと不思議に思うのは、まったく同じ名前の通りが3区にもあることで、こちらはかなり老舗のようですから、同時に同じ市内に同じ名前の通りが2つ存在していたことになります。今ではそういうことはない(筈)ですが、当時は許されたのでしょうか、それとも、混乱の中事実上そうなっていたのでしょうか。これは今後の研究課題です。
で、ドニゼッティ通りと改称されたのは、1864年のこと、ベートーヴェン通りと同じ年ですね。実は、次に取り上げる予定のベッリーニ通りも同じ年の改称で、こうなってくると、この年に通りの改称事業?が大々的にあったのではないかと思いたくなります。
donizetti02

その改称時には、この通り、今の半分くらいの長さでした。それが延長されて現在と同じ形になるのは、1872年のことです。写真は、ちょうどその当時延長された部分です。

|

« 「田」軍団 | Main | 誉められた »

音楽家の道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/5303849

Listed below are links to weblogs that reference 音楽家の道(4) いわゆる「ベルカント」の人たち(2)~ドニゼッティ:

« 「田」軍団 | Main | 誉められた »