« レコードはまっすぐに | Main | レコードはまっすぐに(BlogPet) »

2005.09.05

マロニエ三態

この時期、マロニエの木には実がたわわになっていますが、実が道に落ちていました。

maronnier1


この緑のツノツノの物体がマロニエの実です。トチの仲間だそうです。トチの実の現物というのは見たことがないのですが、こういう感じなのでしょうか。栗にも似ていなくはありませんが、まあ、あれほどビッシリとイガイガがあるわけではないですね。

で、

maronnier2


中を割るとこういう風に栗っぽい茶色の実が入っております。

以下がマロニエの実のみの写真です。

maronnier3
これだけ見せられたら、ワタクシなどは栗だと信じて疑わないでしょうね。間違いなく。

ちょっとググって見たら、フランス美食村さんというところにも、マロニエの写真が載っていました。これはでも10月(昨年)ですから、もっと熟して?から落ちたのでしょうね。外皮の色もワタクシの緑色とは違って茶色のようですし。

|

« レコードはまっすぐに | Main | レコードはまっすぐに(BlogPet) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

実験・・・してみた~い!(笑)
でもアク抜きするためのモノが何も無いんですが、どうしたらいいんでしょうね。
トチの実のアク抜き法など調べてみたら、どんぐりなんかの木の灰が必要だというようなことが書いてあったような・・・
夫の田舎へ行けば、用意できそうですが。そうこうしてるうちにマロニエのシーズン終わっちゃいそう。

先日、留学中のお友達が「こんなの作ったんだけどね・・・」って言って笑いながら、焼き鳥と一緒になんと、焼き栗を持って来てくれたんです。しかし、言わずと知れたマロニエの実で。(苦笑)一粒食べてみたけどすっごく渋かったので、これはお皿のデコレーションにしてね、と。
やはり日本人は誰でもアレを食べてみたくなりますよね。

Posted by: yaco | 2005.09.29 at 06:19 PM

三紗さん

コメントありがとうございました。トチの実の場合は、ゆでてから水にさらして1週間とか(毎日水を換えながら)おいて、さらに灰汁で渋みをとるそうです。もしかして、マロニエもそこまでやれば食べられるのかも。

誰か実験しませんか?

Posted by: 亭主 | 2005.09.08 at 08:10 AM

こんばんは。

私はいっぱい拾って、ゆでて食べてみましたよ。おいしそうだったので。結果は下に・・・
http://bretagne.air-nifty.com/anne_de_bretagne/2004/10/post_10.html

Posted by: 三紗 | 2005.09.08 at 07:25 AM

実が、中に2~3粒入ってるのが普通で、はち切れんばかりに大きくなってるのが秋に路上に落ちてますよ。
この写真の実はもともと1粒しか入ってなかったから、大きくなってもせいぜいこの程度のサイズなのかもしれませんね。

マロングラッセ・・・ですかぁ~。
でも、カタツムリですら食べてたフランス人ですから、絶対マロニエの実も食べてたんじゃないかって思っていたんです。たとえば、食料が乏しかった頃に「何とか工夫してこの実を食べることができたら・・・」と知恵を働かせてマロングラッセにした、という話があったとしても不思議ではありませんよね。
カタツムリも、夫のおばーちゃんは一昼夜砂を吐かせて調理して食べてたらしいです。今じゃ、そんなことするフランス人いませんよね。(食料が豊かな時代の、ある種の貧しさ、って感じがします。)

Posted by: yaco | 2005.09.06 at 02:34 AM

>yacoさん

まだ大きくなるのですか?!知りませんでした。色が変わるだけではないのですね。
落ちてきて当たったら痛いですよね、きっと。

Posted by: 亭主 | 2005.09.05 at 07:40 PM

>ユウスケさん

そう。yacoさんも書いていらっしゃるように、食べられる筈なんです。トチの仲間ですから、トチ餅みたいにして。ただ、トチ餅は作るのに手間が掛かるという話は、美味しんぼにも載っていますが、実践編を発見しました。本当に大変そうです。こちら→http://www.swu.ac.jp/~reiko/totidango.html

で、マロニエは現在は食用ではないようなのですが、マロングラッセは古くはマロニエの実で作っていた、といくつかのサイトに書いてあるのです。が、本当かなぁ。栗を使うのとは全然手間が違うと思うのですが。。。

Posted by: 亭主 | 2005.09.05 at 07:20 PM

実、まだ小さいですね~。秋になると、実の大きさも「バクダン・アイス」とか「恐竜のたまご」とか言って売られてたアイスのように大きくなりますよね。で、中の実を道にゴロゴロと落とす様子もさながら爆弾・・・。
トチの仲間だとは、知りませんでした。
ということは、しっかりアク抜きしてやれば、なんとか食べれるんでしょうね。日本でも地方によって「トチ餅」ってありますよね。でもアク抜きが大変らしいですし、味も・・・・って聞いたことあるので、フランス人はそこまでして食べようって思わなかったんでしょうね。

そうそう、初夏の頃の、まだ実が1cm程度の大きさのマロニエってかわいいですよ。実だけ集めると、宇宙から飛来した未知の生物みたいで。(笑)2歳の甥っ子が、珍しそうに集めてました。

Posted by: yaco | 2005.09.05 at 04:53 PM

マロニエ、よく名前は聞きますが、実物は始めて目にしました。
確かに栗そっくりですが、食べれるのでしょうか?

Posted by: ユウスケ | 2005.09.05 at 02:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/5791151

Listed below are links to weblogs that reference マロニエ三態:

« レコードはまっすぐに | Main | レコードはまっすぐに(BlogPet) »