« October 2005 | Main | December 2005 »

November 2005

2005.11.28

北京

tenanmon

北京に来ております。フランクフルト経由でしたが、パリの空港が雪で混乱していてちょっと焦りましたが、無事予定通り。


Continue reading "北京"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.11.26

音楽家の道(11)~ガーシュウィン

gershwin


前回のバーンスタイン広場のほど近く、シネマテーク・フランセーズを挟んで反対側にガーシュウィン通りがあります。
アメリカつながりでの命名ということでしょうか。

と、これだけではあんまりなので、少しおまけです。

Continue reading "音楽家の道(11)~ガーシュウィン"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.11.25

第2回弦楽四重奏ビエンナーレ(4)

(2)でふれた、本ビエンナーレについての、シテ・ドゥ・ラ・ミュジークの制作部長(Emmanuel Hondre、音楽学者)に対するインタビュー、以下に拙訳を載せます。原文は、abeilleinfo.comというフランスの音楽情報ウェブサイトに載っているものです(こちら)。

Continue reading "第2回弦楽四重奏ビエンナーレ(4)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

モルクのバッハ(BlogPet)

piongで、遠慮する?
ただ北欧でシリーズへ集中ー!
でpiongが遠慮すればよかった?
ただ北欧へpiongと北欧で告知したかったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「piong」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

音楽家の道(10)~バーンスタイン

bernstein1
このシリーズ、ご無沙汰しております。久方ぶりの「音楽家の道」シリーズ。今回はシリーズ中最年少(の筈)のバーンスタインです。

Continue reading "音楽家の道(10)~バーンスタイン"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.24

第2回弦楽四重奏ビエンナーレ(3)

全11回のコンサート中、ワタクシが行ったのは、シネ・ノミネ、ジュリアード(2回)、アマティ、ターリッヒの計5回でした。他の用事と重なったもの、切符が売り切れのものなどが既にあったためで、決してアルディッティを敬遠した、とかそう言うことはありません。

Continue reading "第2回弦楽四重奏ビエンナーレ(3)"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

JOYEUX NOEL

"JOYEUX NOEL"という映画の公開がパリで始まっている。

このタイトルは「メリークリスマス」という意味で、ワタクシは単なるクリスマス映画だろうくらいに考えて看板をろくに見ることもなかったのだが、この話をnofrillsさんのところで読んだ後で映画館の前を通り、ハッと気が付いた。これは、そのクリスマス休戦についての映画ではないか。

案の定そうだった。見たい。。。が、来週から北京へ1週間出張。帰ってきてもこの映画は続いているだろうか。。。

しかし、いくらろくに見ていないと言っても、この看板(公式サイト(英語版と仏語版あり)のトップページ)なのに単なるクリスマス映画と思っていたワタクシって。。。

(12月13日修正(綴りを間違えていたので、こっそり直しました。恥ずかしい。。。)

| | Comments (4) | TrackBack (1)

2005.11.20

Do you speak English?

アパートの呼び鈴が鳴った。のぞきANAから見るとドアの外にはフツーの人。怪しくなさそうだが、工事でも配達でも各種集金でもない人の訪問というのは想像がつかず、頭の中は「?」。とにかくドアを開けてみた。

Continue reading "Do you speak English?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.19

モルクのバッハ

先週、トゥルルス・モルクのバッハの無伴奏の演奏会@シャトレ劇場に行ってきました。いつもの通りの日曜朝のシリーズです。

Continue reading "モルクのバッハ"

| | Comments (3) | TrackBack (2)

2005.11.18

ミルフィーユ

「ミルフィーユ」とデザートを注文しても通じないことがあります。メニューのその部分を指さすと「あ、ミルフォイユね」などと言われてしまいます。

鬼の首を取ったように言い立てるつもりではないのですが、"millefeuile"(1000枚の葉、ミルフォイユ)が"millefille"(1000人の娘、ミルフィーユ)となるわけで、想像するとなかなかおかしいです。

Continue reading "ミルフィーユ"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

今のところいたって平穏(BlogPet)

piongが
パリの北東の外れ、シテ・ドゥ・ラ・ミュジークはもともと屠殺場だった地区を再開発したラ・コンセプトの一画にあります。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「piong」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.17

グリモー/レフレクシオン

reflexionsfr
グリモーの新しいアルバム(DGのサイトはこちら)です。音盤狂日録でも取り上げられていますが、ワタクシの印象は、まずコンセプトの勝利と言いますか。もちろん、人によって反応は様々でしょうが。

Continue reading "グリモー/レフレクシオン"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第2回弦楽四重奏ビエンナーレ(2)

(1)やくぺん先生から主催者とか仕掛け人(?)は誰でしょう、とのご質問をいただき、ちょっと調べてみたので、その結果報告です。

Continue reading "第2回弦楽四重奏ビエンナーレ(2)"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2005.11.15

第2回弦楽四重奏ビエンナーレ(1)

パリの北東の外れ、シテ・ドゥ・ラ・ミュジークはもともと屠殺場だった地区を再開発したラ・ヴィレットの一画にあります。ローマ通り近くからパリ音楽院も移転し、IRCAMの本拠地も音楽博物館もここで、コンサートホールでは意欲的なシリーズのコンサートを開催しています。

第2回弦楽四重奏ビエンナーレとされた今回のシリーズ、曲目と演奏者の一覧はこちらを見て頂くとして、参加しているのはプラジャーク、シネ・ノミネ、ジュリアード、ターナー、アルディッティ、アマティ、ターリッヒ、モザイクの各四重奏団。これで週末を挟んで11回の演奏会ですから1回しかやらない四重奏団も多く、ちょっと勿体ない感じもします。

ほとんどのプログラムには現代の音楽が含まれており、中でも1955年生まれのパスカル・デュスパンの5曲の四重奏曲全曲演奏が一つの呼び物?となっていました。

ということで、自分の聴いた演奏をこれからちょっとずつ書いていくぞという予告篇&自分への叱咤でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.11.13

今のところいたって平穏

CE1

「戒厳令の週末」と報道されている(?)パリ、シャンゼリゼ通りの終点、凱旋門広場前の光景です。12日(土)午前撮影。ご覧のように(寒いですから人出は今一ですが)観光客の人出はいつもと変わりません。「シャンゼリゼ通りで暴動を起こそう」というネットや携帯でのメッセージが飛び交っているとかで、治安当局は神経をとがらせていますが、今のところは何もありません(見える範囲では)。

CE2
凱旋門を背にして通りの中心線あたりで写真を撮る人もいつも通り。

さて、今晩が一番危ない(根拠が今ひとつ分かりませんが)と言われているのですが、どうなりますか。何も起きないと良いのですが。


| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.11.11

エンタ検定(BlogPet)

きょうpiongは話するはずだった。
piongが実施されたみたい…
ここでpiongは全国へ総合しなかったー。
ここへpiongで芸能は検定したかったみたい。
ここまで平均するはずだったの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「piong」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.04

「最上川舟歌」の成立に思う(BlogPet)

最近はpiongは良いけれど作曲者としてはあって、それだったら自作をそうで、純粋民謡とかフランスとかを創作しなかった?
綾でホームページとかを演奏したいはずだったら自作をそうでないと言って発表すれば受け入れられるだろう、ということがことの発端というのはクライスラー
山崎浩太郎さんの簡潔なアーティクルでホームページとかを料理したかったの♪
最近微妙を連載しなかった?
曲を争うというレベルの話では、この世界三大舟唄と上に書きました
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「piong」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.01

「最上川舟歌」の成立に思う

丸谷才一の「綾とりで天の川」はこの人のオール讀物連載のエッセイをまとめた中(全部で何冊あるか数えたことはないのですが多分全部読んでいるはず)で一番新しいものです。

その中に「舟歌考」という文章があって、最上川舟歌の成立過程(というと何だか大げさですね)を論じています。

Continue reading "「最上川舟歌」の成立に思う"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エンタ検定

あちこち(こことかこことかで見かけるエンタ検定、やってみました。

結果は以下のとおりです。某党首kと同点でした。

Continue reading "エンタ検定"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« October 2005 | Main | December 2005 »