« パリ、クリスマスに向けて2005(12) | Main | パリ、クリスマスに向けて2005(10)(BlogPet) »

2005.12.27

音楽家の道(12)~モーツァルト

mozart1
モーツァルト通りの開通は1867年のことです。当時は、avenue Mozart ではなく rue Mozart と呼ばれていたとのことです。一般的にrue よりも広い通りを示すavenueに改名されたのは1911年のことです。

高級住宅街であるパッシーに通じる16区の中央に位置するこの通りは、1180メートルの堂々たる通りです。上に掲げた写真にあるように、141番地という大きな番号が付いていることからも分かると思います。

mozart2
写真のように並木も立派です。

ところで、上の写真には、ちゃんと「オーストリアの作曲家」と書いてありますが、ワタクシがネタにしている、パリ市が作っている通りの解説では「Johann Chrysostomus Wolfgang Gottlieb (通称 Wolfgang Amadeus) Mozart、ドイツの作曲家」となっています。あわてて検索などしてみると、この Johann Chrysostomus Wolfgang Gottlieb Mozart というのが彼の本名なんですね、知りませんでした。しかし、ドイツの作曲家というのは、これはミスなのか、それともオーストリアであってもドイツ語文化圏というような意味合いで「ドイツの」と言いうるのか、私にはよく分かりません。通りが命名された1911年にオーストリアがドイツの一部であった、なんてことはないはずですし。。。

モーツァルトの付く地名は、両方とも私道なのですが、このavenue Mozartに隣接している、square Mozart とvilla Mozartとがあります。

mozart3

mozart4

これらはavenue Mozart からひょっと横へ出ている短い行き止まりの私道、というより、いくつかの建物への入り口の共通空間でして、日本の私道とは違って関係者以外には入りがたい雰囲気が漂います。もっとも他の道へ出られるわけではないので、葉のない人は立ち入る必要もないですが。そういう部分にわざわざ名前が付いていること自体、この辺りが金持ちが住んでいることの証左のような気がします(勘違いかもしれませんが)。

|

« パリ、クリスマスに向けて2005(12) | Main | パリ、クリスマスに向けて2005(10)(BlogPet) »

音楽家の道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/7832372

Listed below are links to weblogs that reference 音楽家の道(12)~モーツァルト:

« パリ、クリスマスに向けて2005(12) | Main | パリ、クリスマスに向けて2005(10)(BlogPet) »