« 音楽家の道(10)~バーンスタイン(BlogPet) | Main | 第2回弦楽四重奏ビエンナーレ(5) »

2005.12.03

三不粘

sanpu1
北京で「この食べ物はこの店ではメニューには載っていないけれど必ず頼むこと」と言われていたので、まったく何か知らないまま、注文して出てきたのがこれです。

味はカスタードクリームのような、でもそれほど甘くなくって、そしてもちもちとして、でもつるっとした、少し油が浮いているような不思議な食感のものでした。おいしかったです。

後で調べたのですが、これは三不粘といって、皿に付かない、箸に付かない、歯に付かない、という意味なのだそうです。なかなか幻のデザートっぽいもののようで、食べられて満足です。

取り分けるとこんな感じ。

sanpu2


|

« 音楽家の道(10)~バーンスタイン(BlogPet) | Main | 第2回弦楽四重奏ビエンナーレ(5) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

境山さん

コメントありがとうございます。そうそう、後でネット検索などしたら、なかなか珍しいものだと言うことを知ったのでした。ご紹介下さったページでは北京のものは油と砂糖がきついような印象を受けますが、油はそうですが、甘みはきつすぎるとはまったく思いませんでした。

Posted by: 亭主 | 2005.12.05 at 04:10 PM

きゃー!さ、サンプチャン~~~!!!
食されたのですね、うわあ、羨ましいです~~。

有吉佐和子さんが中国を訪ねられた折、この三不粘を食べた時のことを文章に書かれていて、ワタクシ、それを読んだ時以来ずっとこの三不粘は憧れの食べ物なんです。
http://allabout.co.jp/gourmet/chinesetea/closeup/CU20050305A/

日本のと北京のとは味が異なるみたいですね。

Posted by: 境山 | 2005.12.04 at 06:19 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/7442306

Listed below are links to weblogs that reference 三不粘:

« 音楽家の道(10)~バーンスタイン(BlogPet) | Main | 第2回弦楽四重奏ビエンナーレ(5) »