« パリ、クリスマスに向けて2005(2) | Main | パリ・クリスマスに向けて2005(1)(BlogPet) »

2005.12.08

東京SQのラズモフスキー1番

tyosq

季節のせいか、気候のせいか、はたまた年のせいか、室内楽や器楽に志向がぐっと向いている今日この頃ですが、東京クァルテットが新しく録音したラズモフスキー第1番&第2番というディスクを買ってきました。18.90ユーロ@FNACなので3490円@HMVよりやや安いですね。欧州盤でしかも2枚組などの場合にこういうことも起きるようです。

さて、前にも書きました(大体1年前。やはり12月はクァルテットの季節(嘘))けれど、ラズモフスキーの第1番というとワタクシにとってはレファランスはスメタナSQのPCM録音です。自然で生き生きとして、今でも本当に好きな演奏です。

ですが、楽譜を見ながら聞くと、ベートーヴェンの書いたダイナミクスとかの指示にいちいち反応しているわけではないんですね、この演奏。案外大雑把なんだと思うと同時にベートーヴェンの指示は案外細かいものなんだなと思ったことを覚えています。

今度ハルモニア・ムンディから出たこの東京SQの演奏(CDはラズモフスキー3曲のセット)を聴くと、楽譜を見ながらではないんですが、きっと書かれていることを全部やっているんだろうなぁ、という気にさせられます。何というか、こういう風に精妙に隅々までコントロールの効いた演奏が可能なんだなぁ、と感心します(なぜかABQのベートーヴェンって聞いていませんが、それとも多分違うでしょう)。

でも、感心はするんだけれど、自然さを一歩踏み越えていってしまっているようにワタクシには思われます。もちろん、精妙なだけはなくて、部分部分をとれば音楽的感興にあふれた演奏だとは思うんですが、全体としての流れというかまとまりというか、その点でワタクシには今ひとつなんです。好きな曲だけに、色々うるさく言ってしまいたくなります。

大変優れた演奏だとは思いますが、スメタナの牙城を崩すには至りませんでした、やはり。

|

« パリ、クリスマスに向けて2005(2) | Main | パリ・クリスマスに向けて2005(1)(BlogPet) »

弦楽四重奏」カテゴリの記事

Comments

あやのさま
コメントありがとうございます。日本は天気がよいのですか、良いですね。パリはそれほど冷えていませんが雨がちな日が続いています。
さて、ご紹介頂いたヴェーグ、気にはなって居るんですが、おっしゃる通りBOXしか見かけないので、二の足を踏んでいます。でも、ぜひ聞いてみたいと思います。
ベートーヴェンの四重奏は本当にたくさんの訊いてみたい演奏があって困ってしまいます。。。

Posted by: 亭主 | 2005.12.08 at 04:39 PM

亭主さんこんにちは!私は今日本です。寒いけど天気良くて気持ちいいですよ~。
さて、ラズモフスキー、私も大好きです!
私は特に2番の第2楽章がもんのすごく好きなんですが、
それに的をしぼって以前さまざまなCDを聞き比べしたところ、ヴェーグ(VEGH)SQ のものがサイコウでした。私の感性にピタッときました。
そしてその他の楽章に関しても今では私の中の最高に位置しています。音の響きが美しいんです、彼ら。
ただ2&3番のCDだったので、1番はどうだかわかりませんが・・・。
今お店だとBeethoven全曲BOXしか売ってないのでなかなか手が出にくいかもしれませんが、もし機会があったら是非聴いてみてください♪

Posted by: あやの | 2005.12.08 at 11:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/7520697

Listed below are links to weblogs that reference 東京SQのラズモフスキー1番:

« パリ、クリスマスに向けて2005(2) | Main | パリ・クリスマスに向けて2005(1)(BlogPet) »