« 牛を訪ねる(状況ご報告) | Main | 牛(10) »

2006.05.22

牛(9)

シャンゼリゼ通りからアレクサンドル3世橋へ向かって南へ曲がったところ、プチ・パレの前には4頭の牛がいます。

プチ・パレは昨年暮に改装が済んで再開しました。中はパリ市美術館です。その豪華な金ぴかの入り口の門前に、このように牛が。Pp

風車付きの牛、反対側から寄ってみると、
Va1253


この赤い風車、黒いシルクハットときて、パリで連想するのは、これでしょう。この牛の名前も「世界で一番偉大なキャバレーへのオマージュ」(125番)です。

その隣は、
Va121
121番「ガイア」です。ガイアは、ギリシャの地母神ですが、この名を取って地球全体(そこに暮らす生物もすべてひっくるめて)を一つの生命体と考える概念を提唱する学者もいます。
確かに、太古の混沌としたエネルギーの中からの生命の萌芽のようなイメージの作品ですね。
Va1212

向かいのグランパレ入り口(残念ながら改装中)に向かって進んでいくイメージです。
Va1213

次の作品は、"Vach'Allais de Honfleur"(No.168)。

Va168

片面にはオンフルールの美しい風景がパレットの上に書かれ、反対の面には、

Va1682

オンフルール出身の著名人、作家のアルフォンス・アレと作曲家のエリック・サティを主人公にした漫画が書かれています。彼らはパリの「黒猫」に入り浸っていた時代が重なっているはずですから、それを題材にしたと言うことでしょう。アーティストはオンフルール・グラフィック・アーツ学校で、スポンサーはオンフルール市です。

ただ、この作品、「牛、オンフルールのアレ」と言えばいいのでしょうか。アレは牛というあだ名でもあったのか、そこのところが要調査です。あるいは何かの洒落になっているのか。

最後は、これ。
Va190
頭部にはパリ市の紋章とモットー「たゆたえども沈ます」がデザインされています。

胴体にはパリ市の区画が書かれているのですが、背中のラインがセーヌ川になっており、こちらは右岸。
Va1902

アップで見るとこんな感じです。
Va19025

左岸はこちら。
Va1903

写真では分かりにくいかもしれませんが、区域外の茶色い部分に書かれているのは、肉の部位です(肩肉、すね肉とか)。

そして、背中には島と船も。
Va1904

この作品は190番"Miss en Seine"「セーヌ川のお嬢さん」と訳せばよいのでしょうが、これは、演出という意味の"Mise en scene"との言葉遊びになっています。本当、こういうの、フランス人は好きです。
スポンサーは「バトー・パリジャン」。有名なセーヌ川の遊覧船会社です。


|

« 牛を訪ねる(状況ご報告) | Main | 牛(10) »

vach'art」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 牛(9):

« 牛を訪ねる(状況ご報告) | Main | 牛(10) »