« 牛(6) | Main | 近所のパン屋 »

2006.05.18

牛(7)

前回ご紹介したオペラ座前の牛たちの残った2頭です。

まずは、126番の"Germaine"。
Va126
ゲルマン、と言う名前だけあった鎧に身を固めた趣の勇壮な牛です。

逆側斜め後ろから見ると、
Va1263

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、お尻の所には、S.P.Q.R.の刻印が。
Va1264
なるほど、古代ローマで、だからゲルマニア、ということかぁ、と納得していたのですが。。。

Va1262
この真横からの写真を撮ったときは気が付かなかったのですが、このお腹の所の模様は、漢字では。。。
Va1265


これでした。

なるほど、古代ローマではなくて、色々な都市の路面を表したと言うことでしょうか。そういえば、特定はできていませんが、他にも色々と各都市のそれではないかと思われる模様があります。これは要調査です。タイトルもゲルマンという意味ではないのかもしれません。

と思ってスポンサーを調べたら、ICADE EMGPという会社は、ICADEという都市開発企業グループの一員で、サービス産業用のオフィス団地?をやっているようです。何となく、この牛のコンセプトも想像できるような気がします。

実は、同じスポンサーで似たような感じのデザインの牛が、ルーヴルの地下(Camille)、サン・シュルピスの近く(Niki)ともう2頭いるのですが、こちらについても模様の意味をよく調べたくなってきました。考えてみたら、これらが姉妹であるのなら、単に、この牛の名前もジェルメーヌということで良いのかもしれません。

さて、最後に、103番の"Louisanais"です。

Va1031

"louis"というのは金貨の通称ですが、この金ぴかの、そして所々ほころびてしまった姿は、それと関係があるのでしょうか。

Va103


|

« 牛(6) | Main | 近所のパン屋 »

vach'art」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/10125975

Listed below are links to weblogs that reference 牛(7):

« 牛(6) | Main | 近所のパン屋 »