« 牛(5) | Main | 牛(6) »

2006.05.17

何となくざわつくパリ

今日のパリは何となくざわついています。

警官が多く出て検問やらをやっているのは、セネガル大統領がユネスコの平和賞受賞のために(?)
来仏し、それにあわせて仏語圏アフリカの元首も複数来ているからでしょう。

下院では、ドビルパン首相に対する問責決議案(日本で言えばこれに当たると思われます)が審議され、野党社会党の提出なわけですが、与党の一部も同調するとかしないとかきな臭い話が続いています(結局否決された)。

町の中には、「明日のチャンピオンズリーグの決勝のチケット求む」と書いた紙をもって歩いている人(海外からの客と思われます)も多く、両チームのユニを来た人も目立つようになってきました。開催地のサンドニ市役所には武器を持った2人の男が、会議中の会議室(市長の執務室の隣の部屋)に押し入り、そこにいた人々を脅迫してチケットを要求したなんていう事件もおきました。今、闇ルートでは相場は1枚2000ユーロとも3000ユーロとも言われています。

そして、明日は「ダヴィンチコード」の公開開始で、教会勢力との議論も再燃、などと新聞の1面に載っていたりするのは、きっとPRの一環なのでしょうね。

ということで、今日明日はなんとなくパリの町はざわついております。

|

« 牛(5) | Main | 牛(6) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/10106267

Listed below are links to weblogs that reference 何となくざわつくパリ:

» ダ・ヴィンチ・コード! [闇   市]
今話題のダ・ビンチ・コード映画を見る前には読んでおきたいですね!ダ・ヴィンチ・コード (上)角川書店ダン・ブラウン(著)越前 敏弥(翻訳)発売日:2004-05-31発送時期:通常2���3日以内に発送ランキング:331おすすめ度: 宗教に無関心な人こそ読むべし! 評判どおり面白い この本は、ページをめくる手を休めさせてくれない。 まあまあでした^^ キリスト教の歴史に興味を持ちましたamazo... [Read More]

Tracked on 2006.05.25 at 06:54 AM

« 牛(5) | Main | 牛(6) »