« カラヤン・ヨーロッパ国歌集 | Main | 牛(13)(BlogPet) »

2006.06.09

牛(13)

今日紹介するのは、やっぱりこの牛でしょう。

Va112

名前は"Miss Foot"(No.112)、シャンゼリゼ通りにいます。この名前は説明不要ですね。

Va1122


同じシャンゼリゼ通り、すぐ隣にいるのは"Baby Shake"(No.156)です。

Va156

この、ちょっとゴテゴテしたデコラティブな牛ですが、一部を拡大してみると、、、


Va1562

「牛乳」と「愛」という言葉を各国語で色とりどりに装飾的に書いたものが貼り付けられているわけです。赤ちゃんは愛と牛乳のカクテルで育まれるということでしょうか。
ところで、この牛のスポンサーはテトラパック。え、テトラパックってあの三角錐の牛乳のパックの名前?と思ったんですが、企業の名前でもあったんです。知らなかった。


さて、シャンゼリゼ通り反対側の歩道にいるのは、

Va144

"Mets de l'huile"(No.144)というこの牛の名前、直訳すると「油を塗れ」ということで、確かにそういう色に光り輝いているようです。おそらく、今回の展示の中で一番「芸術的」な牛ではないかという気がします。


この油牛の隣にいる牛は「フラメンカ」(No.167)。

Va1670

牛→闘牛→スペイン→フラメンコ、という至極自然な発想です。

Va167

角がとられてしまっている跡が痛々しいのですが。

ところで、この牛がいる場所(シャンゼリゼ通りもかなりコンコルド広場に近く、もう道路沿いの商店などはなくなっている辺り)からほど近くのテアトル・ピエール・カルダンでこの牛と同じ名前の催しがあるのを発見しました。
Flamenka

Eikoさんという方がこの催しを見に行き、感想も書かれているのですが、この牛とこの催しは偶然の一致なのでしょうか。。。

さて、後日ここを通ったら、この牛、進化していました。

Va167r1

なかなか格好良いです。角も治っていたし。

Va167r2

というわけで、シャンゼリゼ通りの一画、4頭の牛たちでした。


|

« カラヤン・ヨーロッパ国歌集 | Main | 牛(13)(BlogPet) »

vach'art」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 牛(13):

« カラヤン・ヨーロッパ国歌集 | Main | 牛(13)(BlogPet) »