« カメラ買い換え(BlogPet) | Main | 歩く人たち(BlogPet) »

2006.07.19

濃い海

ラジオをつけたら、ドビュッシーの「海」をやっていました。

オーケストラうま~い、こんな細かいところまできちんとやっててすご~い、と聞いていたのですが、そのうち、表情が濃すぎてくどくって、暑苦しいというのとはまた違うけれど、と感じ始めたらもういけません。先ほどの賛辞はどこへやら、えげつな~い、趣味悪ぅ、と思いながら聞くようになりました。

で、一体この勘違いの演奏は誰のものだろう、という点に関心を持つのは自然の成り行きです。

オケはとっても巧いからなぁ。。。カラヤン・ベルリンフィルとか。いや、カラヤンは案外「それらしく」やるから違うだろうなぁ。ショルティ?いやいや、彼は勘違いの方向性が違うはず。マゼール?うん、そうかもしれない。でも、彼がへんてこりんなのはライブの時でレコーディングは存外フツウだし。。。あ、そうか、バレンボイムだ。そうに違いない、と心はすっかりバレンボイム。

あ、こんなところでこんなに力入れて歌わせるかなぁ。。。お、ヘンな風にテンポ急に落とすし。。。だからバレンボイムは本当に(ぶつぶつ)、と聞いていました。さて、曲が終わってアナウンス。

「ドビュッシーの3つの交響的スケッチ「海」、演奏はクラウディオ・アッバード指揮ルツェルン祝祭管弦楽団でした。」


絶句。


あの超絶名演の「復活」と一緒の時の演奏だなんて。。。一皮むけたアッバードは尊敬していたのに。。。

マーラーに有効なアプローチも「海」には通じないのか、グロテスクさの許容範囲が違うんだな、きっと、等々自分への言い訳をしばらく探していました。

もう一遍、真面目に聞いてみよう、と思いました。きっと、もっとたくさんの言い訳が見つけられることでしょう。

|

« カメラ買い換え(BlogPet) | Main | 歩く人たち(BlogPet) »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/11004404

Listed below are links to weblogs that reference 濃い海 :

« カメラ買い換え(BlogPet) | Main | 歩く人たち(BlogPet) »