« パリの年末電飾@2006(15) | Main | 今年のベストCD »

2006.12.27

”さん”付け

突然なぜか思い出してしまったのですが、ワタクシ、指揮者や野球選手の名前に「さん」をつけて呼ぶのに、激しい違和感を保っていました。

いや、個人的にお知り合いの方なら(多分黒田恭一さんとかはそうなのでしょう)別に良いと思うんですが、格の違うような相手を「さん」付けで呼ぶのってかえって失礼ではないかと思うのですね。

例が古くてすみませんが、「王さん」「長嶋さん」「カラヤンさん」「ベームさん」。こういうのは気持ちが悪いです、ワタクシ。

「王」、「カラヤン」ですよねぇ、やっぱり。

常々、丁寧語を含む敬語は、まず第一には、話している相手ないし話題になっている人(モノ)との距離を表すものであって、上下関係などはその後の要素と思っているのですが、芸術家とかスポーツ選手とか、とにかく、そういう自分とは別の世界に属するような人を、あたかも自分の世界の中で遠くにいる人、と認識するような言い方は、ちょっと違うんじゃないかと思うのです。

紫式部さんとかヘロドトスさんとか言わないですよね、普通。

|

« パリの年末電飾@2006(15) | Main | 今年のベストCD »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/13216392

Listed below are links to weblogs that reference ”さん”付け:

« パリの年末電飾@2006(15) | Main | 今年のベストCD »