« いつも(BlogPet) | Main | タローのすべて »

2007.03.26

ユリア・フィッシャーのブラームス協奏曲

fnacでこのCD試聴してきました。

良いです、これ。

さわりを聞くだけのつもりでしたが、結局ほとんど全曲聞いてしまいました。

ユリア・フィッシャーはバッハの無伴奏のアルバムが、豊かな音ながらそれだけではない、非常的な魅力的な音楽で、注目していたんです。チャイコフスキーのコンチェルトのアルバムも、クライツベルクの好サポートもあって、すごく表情豊かなもので時に繊細、時にイケイケ、時に納豆(私は納豆は食べられないほど嫌いですが)、とても気に入っています。もっとも、これはナクソスミュージックライブラリーで聞けてしまうので、CDを持っていなかったりしますが。

で、このブラームス、チャイコフスキーでの蠱惑的な節回しとはうってかわって、とまでは言いませんが、ヴァイオリンの魅力である豊かな音はそのままに、厳しいストイックな音楽になっていて、本当に感服しました。それで、硬直的ではなくてたたずまいが(クライツベルクの指揮も含めて)自然なのです。これは、特にフレーズの終わりに感じることです。

本当にセンスの善し悪しは、歌の「しまい方」にでますからね。怖いものです。

それと、ブラームスでは(もちろん他の作曲家だってそうなんだけれど、ブラームスの場合特に)オーケストラの各パートで一聴聞こえてこないような中低弦や木管のフレーズが、ああこんなことやっているなぁと思わせるように聞こえてくると、それは単なる興味を満足させるだけではなく、音楽全体がかっちりできているなぁ、という感じを呼び起こすのですが、まさに、この演奏はそういうところがたくさんあって満足です。

彼女のモーツァルトは未聴なので、ハチャトリアン、チャイコフスキーときてブラームスは違うかなぁとも思ったのですが、杞憂でした(バッハ特別です)。

本当に楽しみなヴァイオリニストです。

|

« いつも(BlogPet) | Main | タローのすべて »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/14406154

Listed below are links to weblogs that reference ユリア・フィッシャーのブラームス協奏曲:

« いつも(BlogPet) | Main | タローのすべて »