« 9月の歩行記録 | Main | シューマンこの1曲「おとぎの絵本」 »

2007.10.06

丸谷才一「袖のボタン」

7月の末に出たときに買ったのですが、ようやく読み終えました。間にどんどん興味を引かれる本が出てきてしまうものですから。

で、内容はいつも(?)の丸谷ぶしで楽しく読んだのですが、帯の惹句は、ワタクシとしてはあまりいただけないように思いました。

この惹句は4節からなっておりまして、
「思いがけない清新なものの見方」
「いちいち納得いく論旨の展開」
「言葉と思考の芸の離れ業による現代日本文明への鋭い批評」
と、ここまでで既に何だか説教くさい感じがするのですが、
「大学入試によく出るのも当たり前」
って、何か読む気を若干萎えさせるものがあります。

う~ん。ま、いいか。

で、本文を読み終えて「あとがき」なんですが、「コラムの題はむづかしい。殊に大新聞のコラムとなると厄介だ。」というくだりに来て、アレっと思いました。いつものオール讀物連載のエッセイだとばかり思って読んでいたのですが、これはどうも違うらしいぞ、と。「担当の由里幸子さんにファックスで伝へると」、あれぇ、朝日か。でも、朝日新聞で丸谷才一のエッセイなんて連載していたかしらん、と思って初出紙を見ると「朝日新聞2004年4月6日から2007年3月6日まで」とありました。ちょうど、ワタクシがフランスにいた3年間とほぼきれいに重なります。なるほどね。

あ、そう言えば、朝日新聞も「大学入試に他紙よりよく使われる」という広告をしていたことがあったっけ。なるほどね。

|

« 9月の歩行記録 | Main | シューマンこの1曲「おとぎの絵本」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/16678155

Listed below are links to weblogs that reference 丸谷才一「袖のボタン」:

« 9月の歩行記録 | Main | シューマンこの1曲「おとぎの絵本」 »