« マーラーこの1曲 | Main | ウィーン交響楽団・ジャパンツアー »

2007.12.14

アバドのマーラーあれこれ

山尾さんのこのエントリにそそのかされて、i Tunes ストアのアバドのマーラーの全集(1500円)を買ってしまいました。彼がDGに録音した今となっては「旧録音」を集めたものです。ただし、第1,2,5番はこれが初録音ではなく、更に古いシカゴ響との録音がありました。反対(?)に、8番はこれが唯一の録音だと思います。

そういえば、と昔話モードに入りますが、、、

第2番では、その(ここに収録されていない)アバド/シカゴ(76年)とメータ/ウィーン(75年)の録音がほとんど同時にリリースされ、ファンはその比較を大いに話題にしたものでした。メータファン、シカゴファンには悪いのですが、周囲では、アバド/ウィーンだったら一番良かったのに、という声が多数でした(ワタクシもそう思った口です)。
柴田南雄氏などは、まあ想像もつくかもしれませんが、アバド派で、彼の絶賛するのはこの録音の数年前?にアバドがザルツブルクでウィーン・フィルを振った第6番。録音を是非望みたい、「百歩譲って」シカゴ響との録音でも良いから、と書いていたと記憶しています。

もう、30年前かぁ。

さて、今回買ってまず聞いたのは第3番(82年)。第1,5,6楽章を聞きました。
ここから先の感想は、山尾さんのエントリの(追記)をまるでパクっているようで恐縮なのですが、とても新鮮でした。LPでのリリース時にも友達に借りて聞いて、CDも随分昔に買って、この演奏は一時聞き込んだはずなのですが、なんて美しい演奏なんだろう、と感じ入りました。そうそう、この演奏の6楽章の冒頭はこんなに遅かったんだ、と記憶を思い起こすところもありましたが、昔は何を聞いていたんだろうなぁ、と思うところも多かったし。それら両方を通じて、こちらの受け止めとしてはだいぶ変わったような気がします。それだけ年をとったと言うことか。。。

そうそう、当時出たLPの一部って、第1楽章の練習番号7辺りか31辺りに編集ミス(誤って同じ数小節を2度つないでしまった)が有った記憶があるのですが、確かめること、できるかなぁ。。。

|

« マーラーこの1曲 | Main | ウィーン交響楽団・ジャパンツアー »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/17357551

Listed below are links to weblogs that reference アバドのマーラーあれこれ:

« マーラーこの1曲 | Main | ウィーン交響楽団・ジャパンツアー »