« December 2007 | Main | February 2008 »

January 2008

2008.01.30

ブロムシュテット/N響

1月のN響はブロムシュテットの来演でした。当日券でモーツァルトの「プラハ」とブルックナーの4番の日に行き、その1回のつもりだったのですが、友人のピンチヒッターで「さすらう若人の歌」とシューベルトの大ハ長調交響曲も聞くことが出来ました。

4年ぶり?に聞くN響は、ずいぶんメンバーの若返りが進んだなぁ、という印象でした。ブロムシュテットはもう80歳を超えたのにこちらは相変わらず元気だなぁ、という感じ。演奏は、感心したところ、良かったところも多々ありましたが、感服にはほど遠かったというのが正直なところです。

Continue reading "ブロムシュテット/N響"

| | Comments (4) | TrackBack (3)

2008.01.29

「ラ・ボエーム」@新国立劇場

実はもう1週間前になる先週の日曜日のことなのですが、新国立劇場の「ラ・ボエーム」を見てきました。職場の若い人たちを中心とした集まりで、日本の伝統芸能を見ることを主目的としているものがあるのですが、今回はオペラに手を伸ばそうという会とのことで、便乗させてもらいました。

オペラが初めてという方が結構多いとのこと。やっぱり、そういう場合はこの演目に限ります。短いし話は分かりやすいし甘いメロディで泣ける話だし。

Continue reading "「ラ・ボエーム」@新国立劇場"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.01.28

日々の摂取カロリー(1/20~26)

1月20~26日の報告です。

1/20 2518kcal
1/21 2244kcal
1/22 2417kcal
1/23 2999kcal
1/24 2036kcal
1/25 2756kcal
1/26 2500kcal
平均 2496kcal

先週よりは改善されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.01.21

日々の摂取カロリー(1/13~19)

1月13~19日の報告です。

1/13 2708kcal
1/14 1940kcal
1/15 1663kcal
1/16 3139kcal
1/17 1758kcal
1/18 4485kcal
1/19 2207kcal平均 2557kcal

超高カロリーの日が全体を押し上げています。このようなことのないよう、気を引き締めていきたいと思います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.01.18

鹿男あをによし

「ホルモー六景」のエントリーで一言だけふれた「鹿男あをによし」、テレビドラマが始まりました。主演は玉木宏、東京ではテレビ朝日木曜日22時、昨17日が第1回でした。

Continue reading "鹿男あをによし"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.01.16

なまはげ「行動指針」

まずは、asahi.comの記事から引用。

 秋田県男鹿市の宿泊施設で昨年大みそか、「なまはげ」が女風呂に乱入し、入浴していた女性数人の体を触った問題で、他の5施設でも「抱きつかれた」などの苦情が寄せられていることが15日、分かった。同市はホームページでおわびするとともに、なまはげの「暴れ方」などについて行動指針を決めるという。男鹿署も事実確認を始めた。 (中略)  市によると、なまはげは民家などを訪れて暴れ、酒をもらっているが、飲酒量や暴れ方、なまはげになる人物の選び方などについて指針を作るという。 (後略) 2008年01月15日23時12分 (asahi.comより)

Continue reading "なまはげ「行動指針」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.01.15

日々の摂取カロリー(12/16~1/12)

日々の摂取カロリー、昨年12月15日までの報告の後ずいぶん間が開きましたが、記録をやめたわけではありません。カロリー明示の食事(コンビニとかロック・フィールドとか)の機会が減り、計算に時間がかかったのが大きな理由です。記録はちゃんとしておりました。

とは言っても28日分を全部並べるのも資源の無駄遣いなので、各週の平均とこの4週間の総平均を書いておくことにします。

12/16-22 2463.7kcal
12/23-29 2476.6kcal
12/30-1/5 2195.9kcal
1/6-12 2068.4kcal
4週総平均 2301.1kcal

年末年始というと際限なくハイカロリーになるかと思いきや、それほどでもありませんでした。まあまあ乗り切れたというところでしょう。それでも忘年会シーズンは2400超のペースで、お正月からこちらは抑えにかかっているというのが見て取れます。この調子で続けていきたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.01.14

大奥(よしながふみ)

Oookuよしながふみは、1月か2月前に新聞で紹介された「きのう何食べた?」を読んだのが最初です。なかなか繊細で良い感じだと気に入り、次に手を伸ばしたのがこの「大奥」
知っている人は知っているのでしょうけれど、これはすごい作品です。男と女の逆転の大奥、なんて単なるキワ物かもと思ったのですが、いや、構想も壮大だし細部までゆるがせにしない非常に丹念に作り込まれた作品です、これ。すっかり圧倒されました。

単行本が3巻まで出ているのに今頃こんなことを言っていて不明を恥じるばかりなのですが、未読の方にはまずは読んで頂くしか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.01.12

第3回弦楽四重奏ビエンナーレの曲目

「チラシが出てこない」と書いたのをお読みになったかのように、シテ・ドゥ・ラ・ミュジークからまたDMが来ました。ということで、曲目一覧を本館に載せましたので、ご興味のある方はどうぞ見てやってください。
今回のテーマは、カーターとハイドンとベートーヴェンの後期ということのようです。

しかし、ブログに慣れると、タグ打ちするHPの更新ってしんどいです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.01.11

痛い目に遭わないと分からない

12月半ばにちょっとしたことで右の肋骨にひびが入り(推定)、2~3週間かかると医者に言われました。高い所の物は取れないし、くしゃみとか咳とかすると飛び上がるほど痛いし、結構大変だったのですが、それがようやく癒えつつあった12月末、転倒して今度は左の脇腹をしたたかに打ちました。当初痛みは脇腹の下の方(ベルト辺り)から背面にかけてだったので打撲だろうと思っていましたが、気がつくと左の肋骨部分も痛いのです、右と同様。そして、今、左の肋骨の痛みのみが残っているので、こちらも骨をやってしまったのではないかと。

で、そんな痛みを抱えた正月、つらつら「痛み」について考えました。

Continue reading "痛い目に遭わないと分からない"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.01.10

第3回弦楽四重奏ビエンナーレ@パリ

正月に、パリのシテ・ドゥ・ラ・ミュジークから紙のDMが届きました。転居1年後は郵便物を日本へ転送、という手続きをしてあるので、こういうものが遙か東京まで送られてきます。
第3回弦楽四重奏ビエンナーレの開催案内でした。
今回の出演者は、ジュリアード、ブレンターノ、アルディッティ、ボロディン、ロザムンド、ツェートマイヤー、シネ・ノミネ、パシフィカ、ハーゲン、アマティの各四重奏団の模様です。前回はデュサパンの四重奏曲を全部取り上げていたこのシリーズ、今回はエリオット・カーターを全曲やるようです。チラシがどこかに行ってしまって、きちんと書けないのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ニューイヤーコンサート@iTunes Store

プレートル先生のニューイヤーコンサート、iTunes Storeでは既に売られているのですね。アルバムごと落とすと3000円。HMVのサイトによるとCDの発売は20日のようですから、一足お先に入手したい方は可能と言うことで。
ワタクシはどうせCDを買うのですが、ドナウと皇帝円舞曲だけDLしようかなとも思ったところ、この2曲は単独購入は不可でした。20日を待ちたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.01.09

元日の開店に思う

コンビニというのは年中無休というコンセプトのものだから仕方がないとしてもですよ、いつからこの国ではスーパーとか量販店とかが1月1日から開店して営業するようになってしまったのでしょうか。

これは、正しくないことだと思います。

これは、いわゆる「学力低下」の遠因だと思います。

なぜか。

みんな、自分が(王様である)消費者だと思う社会だからです。

以上、証明終わり、では身も蓋もないので、もう少し。

Continue reading "元日の開店に思う"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.01.03

プレートルのニューイヤーコンサート

よかったです。期待に違わぬ演奏でした。

本当に月並みな言葉しか出てきませんが、皇帝円舞曲や「美しく青きドナウ」でのたっぷりとそしてしみじみとした歌い方、「とんぼ」の寂寥感など、彼の重ねてきた年輪の賜物という感じです。もしかしたら全体にもっとさらっといくのがウィーン流なのかもしれませんが、ダイナミクスやテンポ、表情をきめ細かく変化させながら、全体としては自然な感じに仕上がるというのは、老練の技だと思います。しっとりとした温かな音楽は酸いも甘いも噛み分ける大人の仕事です。

ニューイヤーコンサートのCDなんてついぞ買ったことがない(LPで75年と79年が表裏に入ったデジタル録音記念盤というのは持っていました)のですが、今年は発売が楽しみです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.01.02

12月及び2007年の歩行記録

まずは12月の歩行記録です。

歩数 2991059648
消費カロリー 11367kcal366kcal
歩行距離 209.21km6.74km
(  )内は1日平均

12月は、一日平均1万歩に届きませんでした。理由があります。年末最終営業日の28日に、雨のツルツル床で滑って転倒し、左胸側部をしたたかにも打ち、そのせいで最後の3日が奮わなかったのです。この3日の平均は5000歩そこそこで、ここを普通に歩いていれば楽勝で届いたのに残念です。もっともその転倒も忘年会の帰りですから、誰を責めることもできません。自業自得です。

さて、気を取り直して、2007年総合成績。

Continue reading "12月及び2007年の歩行記録"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.01.01

プレートル先生、たのしみです

みなさま、あけましておめでとうございます
本年もガーター亭をどうぞよろしくお願い申し上げます

さて、あと数時間でウィーンフィル・ニューイヤーコンサートが始まります。この催し、カルロス・クライバーが振った頃のようなワクワク期待感は亭主的には絶えて久しかったのですが、今年は違います。プレートル先生が指揮台に上がるのですから。

Continue reading "プレートル先生、たのしみです"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »