« 12月及び2007年の歩行記録 | Main | 元日の開店に思う »

2008.01.03

プレートルのニューイヤーコンサート

よかったです。期待に違わぬ演奏でした。

本当に月並みな言葉しか出てきませんが、皇帝円舞曲や「美しく青きドナウ」でのたっぷりとそしてしみじみとした歌い方、「とんぼ」の寂寥感など、彼の重ねてきた年輪の賜物という感じです。もしかしたら全体にもっとさらっといくのがウィーン流なのかもしれませんが、ダイナミクスやテンポ、表情をきめ細かく変化させながら、全体としては自然な感じに仕上がるというのは、老練の技だと思います。しっとりとした温かな音楽は酸いも甘いも噛み分ける大人の仕事です。

ニューイヤーコンサートのCDなんてついぞ買ったことがない(LPで75年と79年が表裏に入ったデジタル録音記念盤というのは持っていました)のですが、今年は発売が楽しみです。

|

« 12月及び2007年の歩行記録 | Main | 元日の開店に思う »

音楽」カテゴリの記事

Comments

コメントありがとうございます。
ニューイヤーコンサートというと、ほろ酔い気分はつきものですが、それにもふさわしいしんみりとくる演奏だったと思います。こちらこそ、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: 亭主 | 2008.01.08 at 06:55 AM

こちらで前評判を伺っていたので楽しみに観ました。予想以上でした。既にこちらは出来上がっていて、細かな映像を確認出来ませんでしたが、弦なども美味く弾かせてましたね。音響的には今までTVで観た中では最高だったと思われます。アーノンクールやカラヤンやベームやクライバーなどと比べて良かったです。

本年も宜しくお願い致します。

Posted by: pfaelzerwein | 2008.01.04 at 04:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/17562162

Listed below are links to weblogs that reference プレートルのニューイヤーコンサート:

« 12月及び2007年の歩行記録 | Main | 元日の開店に思う »