« 音楽は何も表現しない | Main | 「モーツァルトのドン・ジョヴァンニ」 »

2008.04.03

譜めくりの女

映画「譜めくりの女」が本邦でも公開されるとのことです(公式サイト)。調べると先月のフランス映画祭でも、東京と大阪で上映されていたようです。
一昨年パリで見たんですが、映画館に足を運んだときに得ていた情報は"La Tourneuse de Pages"(ページをめくる女性=譜めくりの女)という題、ポスター(主要登場人物が女性ピアニストとその譜めくりの女らしき2人だと分かるもの)だけ。クラシック音楽と関係あるんだろうな、というくらいの気持ちで見に行きました。
が、いやぁ、こんなに怖い映画だとは思いもよりませんでした。
心理サスペンス、って言うんでしょうか。暴力シーン的な怖さはほとんどありません(1カ所あるんですが、全体が静かなのでそれがまたアクセントになっていて痛みひとしお)。何かが起きるんじゃないかっていう緊張と、精神的に追いつめて人をじわじわと壊していく迫り方の怖さとに、捉まってしまいます。
ピアニストが演奏会前に緊張で舞台に行けなくなってしまうっていうシーンは、さもありなんという感じもして、ああそうそう、今となってみると「ピアノの森」の誉子のトイレでのシーンと共鳴しますね、これは。
この映画、とても面白いです。

|

« 音楽は何も表現しない | Main | 「モーツァルトのドン・ジョヴァンニ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 譜めくりの女:

» 譜めくりの女 [アートの片隅で]
「譜めくりの女」の試写会に行って来ました。 フランス映画で単館系の作品です。 予告編でとても興味を持ちました。 予告編では、少女がピアノのテストで審査員のせいで失敗し、大人になった彼女がその審査員に復讐するという感じだったのですが、まさかその事だけで復讐するとは思えなかったので、きっと隠された何かがあるのだろうと、その何かが気になって観に行ったのですが、、、、... [Read More]

Tracked on 2008.04.17 06:49 PM

« 音楽は何も表現しない | Main | 「モーツァルトのドン・ジョヴァンニ」 »