« 動物柄ネクタイ(1)「ロブスター」 | Main | 動物柄ネクタイ(2)「ペンギン」 »

2008.07.05

ロットのマーラー、ワーグナー

Mahlerフェリシティ・ロットがピアノ四重奏と協演した、マーラーのリュッケルト歌曲集、
ワーグナーのヴェーゼンドンク歌曲集、そして「トリスタンとイゾルデ」の前奏曲と愛の死という盤です。大分前に日経新聞のCD紹介の欄で発見して、聞きたいと思っていたのですが、発売になるまで結構待たされました。
2つの歌曲集には、ピアノ伴奏版と管弦楽伴奏版があるわけですが、ピアノ四重奏伴奏版というのは初めて聞きました。というか、当盤で演奏しているシューマン四重奏団のピアニスト、クリスティアン・ファーヴルが編曲したものですから、今まで耳にしたことがなかったのは当然かも。編曲の出来とかは、ワタクシにはよく分からないのですが、大管弦楽だとときに埋没してしまう旋律線の動きや絡みがよく聞こえ、一方、ピアノだけではどうしても制約のある息の長く粘る音楽が弦楽器によって奏でられ、といった具合で、なかなか良いのではないかと思いました。
ロットは、最初に印象に残ったのがシャトレ座での「美しきエレーヌ」(DVD)、その後もオペレッタやフランス歌曲などの「軽い」レパートリーを聞くことが多かったので、ワーグナーやマーラーはどうかとも思いましたが、必要以上に暗くなく、重過ぎず、悪くなかったです。
で、もう一つ、この盤に興味を惹かれたのは、上記日経でこれが先年亡くなったアルミン・ジョルダンの思い出に捧げられているものと紹介されていたこと。ロットが湖に向かって後ろ向きにたたずむジャケット写真がそれをよく表しているとのことでした。確かにこの写真は彼方を思う風情がよく出ています。
そう、ロットとジョルダンといえば、

Chaussonこのショーソン、ラヴェル、デュパルクというすてきなアルバムが同じaeonレーベルから出ています。2001年と2002年の録音でCDのリリースは2003年です。オーケストラはスイス・ロマンド管。
で、このアルバム、今回出た盤と、とってもジャケットの雰囲気が似ています。同じレーベルの同じロットをフィーチュアしたものだからと当たり前ではないか、と思う向きもあるでしょうが、それだけではありません。どちらも湖畔で撮られた写真であるだけではなく、よく見ると2つのジャケット写真でロットが着ている緑色の服は同じだと思われます。
で、ですね、日経で言及された後ろ向きのジャケット写真は、実は既にこのフランス歌曲集CDの中ジャケットに使われているのです。つまり、今回ジャケットに使われた写真は、2003年リリースのジョルダン指揮の盤のために撮影された(のみならず当時も使用された)1枚だったということです。
Hikaku上が当時のフランス歌曲集、下が今回のドイツ歌曲集(とはフツウ言わないけれど)と並べてみました。ご覧のように中ジャケットは2つとも同じと言って良い写真(=今回の表ジャケット写真)です。
こうしてみると、今回の盤は前のフランス音楽の盤と浅からぬ因縁があるような気がしてきます。実は、ロットとシューマン四重奏団の「ジョルダンの思い出に」としての企画と言うだけではないのではないか、と。
以下は何の根拠もない妄想です。
もともとロットとジョルダンの協演でマーラー、ワーグナーの盤を作るという構想があったのではないでしょうか。ショーソン、ラヴェル、デュパルクの盤も良いできばえだということで。しかし、指揮者の急死によりそれは果たせぬことに。誰かが衣鉢を継いでバトンをとって伴奏し録音を行うという選択もあったのでしょうが、そうではなく、ジョルダンと同じスイスの団体であるシューマン四重奏団が代わってその役を果たした、なんてどうでしょう。

Croix最後に挙げるのは、2枚の盤(3つ折りのジャケット構造なのです)を更にもう1度開いた形にしたものです。説明の要はないと思いますが、下が今回の盤です。同じようにジャケット写真の一部を拡大、トリミングした作りなのですが、写真の中央にジャケット写真では一部にしか写っていない湖の柵の一部を十字架に見える形に切り取っています。故人への思いがここにもよく現れているように思います。

|

« 動物柄ネクタイ(1)「ロブスター」 | Main | 動物柄ネクタイ(2)「ペンギン」 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

HIDAMARIさま
コメントとTBありがとうございました。知らないうちにトラックバックが承認制になっている(?)ようで、何度も試みてもらってしまって大変失礼しました。申し訳ありませんでした。

このジャケット、本当に凝っていますよね。

Posted by: ガーター亭亭主 | 2009.08.02 at 02:20 PM

こんにちは。国内で見つけられずのロットの録音でしたが、ようやくミュンヘンで見つけていそいそと買って帰国しました。簡単な感想はURLに……。

何度かトラックバックを試みましたがうまく反映されません。

Posted by: HIDAMARI | 2009.07.31 at 07:22 PM

みなみさん
コメントありがとうございます。
そうですね。自分の中では、ECMと同じような一にあるレーベルです。

Posted by: 亭主 | 2008.07.06 at 08:46 AM

亭主さま

このレーベル、録音もさることながら、ジャケットのデザインもよく考えられた秀逸なものが多いです。このCDも素敵ですね。

Posted by: みなみ | 2008.07.05 at 11:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/41731162

Listed below are links to weblogs that reference ロットのマーラー、ワーグナー:

» 購話§今回の旅行での物的収穫である [ひだまりのお話]
↓土産の背後に隠れている熊はプーさんではない [Read More]

Tracked on 2009.07.31 at 07:59 AM

« 動物柄ネクタイ(1)「ロブスター」 | Main | 動物柄ネクタイ(2)「ペンギン」 »