« 動物柄のネクタイ(5)「熊」 | Main | 7月の歩行記録 »

2008.08.02

ドゥラージュ - ジョベール - ショーソン

Delageまたもしつこくジョルダンとロットの協演盤です。フランスのメロディーを集めた1枚ですが、選曲がシブい。
ショーソンはともかく、モーリス・ドゥラージュもモーリス・ジョベールも、ワタクシ、この盤で名前を聞くまで知りませんでした。しかし、ウィキペディアは大したものでちゃんと項目がありました(ドゥラージュジョベール
ドゥラージュは1879年生とのことですから、レスピーギと同い年だったということになります。東洋趣味の横溢した作品が彼の作品群の一つの柱のようですが、このCDの冒頭に入っている「4つのインドの歌」というのはなかなかインドインドしていて良いです。夏の寝苦しい夜にふさわしい感じの曲です。「7つの俳諧」なんていうそれぞれ1分に満たない連作曲集もあったりしますが、これは別に和風なものではありません。
ジョベールの方には「5つのサハラの歌」なんて曲もありますが、こちらはそんなにアフリカを感じるというわけではなく、フランス風に処理されている感があります。

演奏については、何分比較の対象を持っていないわけですが、こういう退嬰的な感じの歌はロットの得意とするところで、なかなか楽しめます。

|

« 動物柄のネクタイ(5)「熊」 | Main | 7月の歩行記録 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/42039080

Listed below are links to weblogs that reference ドゥラージュ - ジョベール - ショーソン:

« 動物柄のネクタイ(5)「熊」 | Main | 7月の歩行記録 »