« December 2008 | Main | February 2009 »

January 2009

2009.01.24

金魚生活

Kingyo3なかなか強い色合いの派手目の金魚の装丁につい惹かれて手に取ったのですが、これはなかなか良いものでした。

ストーリーは、日本に留学、結婚、就職している娘の出産の手伝いとしてやって来た50がらみの中国人寡婦が、今のぱっとしない暮らしを捨てて孫の近くに残るために日本で結婚することを勧められ、実は故郷に同棲相手がいることを言い出せずに結婚相談所で見合いを何度かして、、、というものなのですが、そこに、大きなテーマとして言葉の不完全さというものが描かれています。そして、言い表すことのできない、人の存在とか心とか世界というものの豊饒さが逆説的に示されます。

主人公が職場で世話を任されている金魚たちとの対話・交流、来日して言葉が通じない相手やまだ言葉を発することのできない嬰児とのコミュニケーション、ペットショップでの動物と孫との間のふれ合いなど、どれも言葉を介さないつながりであって、逆に言うと言葉がどれだけのものを伝えるものことができるのかという問題提起がなされているように思います。
中国に残してきた同棲相手は、一途に想っているわけではないのですが、それを引きずりながらも、主人公は日本での生活に慣れてきて、孫との生活も去りがたくと、心が揺れます。揺れる、というよりは、主人公の中では色々な思いが渦巻いて、それを自分でも言葉にすることができずにいながら見合いを繰り返します。

その中で、日本語の理解度(?)が進む様が描かれ、最初は発音としてもとらえることができず「○★※□×▲」などと表されているのが、そのうちに意味は分からないながらも言葉として表記されるようになっていくというきめ細かい表現も見られます。
金魚の世話をする主人公が金魚色の服を着て、日本社会の中で「金魚側」に立つことを示すのは、若干説明的に過ぎるかとは思いますが、色々なアナロジーはこの物語を別の意味で豊饒にしています。混沌は豊饒につながるということなのでしょうか。

また、読者がこの物語に引き込まれるのは、物語の最初の方、回想される複数の時間と現在を自由に行き来するような書き方に、物語の中に、というよりは主人公の心、幾重にも折り重なった記憶に自然に同化させられるという巧みなテクニックに負うところも大だと思います。

最後のエピソードである見合いの場で、相手が愛好しているという漢詩を引用(?)してのやりとりは、ここまで感情移入をしてきた読者にとっては、本当に心が揺り動かされるものです。母国語ということを考えさせられます。結末には、言語によるコミュニケーションということについての作者のメッセージが織り込まれていますが、それも多義的に捉えることができるように思います。

「金魚生活」、お勧めです。他の作品も読みたくなりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.13

動物柄のネクタイ(13)「牛」

Tie131本来なら、今年の第1回はこれにすべきでした。
しかし、この4種類の牛のうち、茶色のものを除いた3つは本来の牛の模様からは遠くかけ離れた姿をしております。タータンチェックみたいな柄だったりして。
不思議な感じです。茶色が実際の牛の模様を割とリアルに再現しているだけに。やっぱり、白黒のぶち模様のホルスタインに登場して欲しかったです。

Tie132


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.01.12

鼓笛隊の襲来

Kotekitai「バスジャック」の三崎亜記の最新(といっても昨年4月ですが)短編集です。実は、「バスジャック」の後に同じく文庫化されている、デビュー作の「となり町戦争」を読んでいます。それも隣町との地域振興のための戦争という非日常的なような日常的なようなそして不条理な設定の中で、喪失感と淡々とした悲しみ、その中で生きていく意志を描いた良い作品でした。
ただ、「となり町戦争」では、多くのこと、あまりに多くのことが盛り込まれているだけに(それがデビュー作というものかもしれませんが)、一冊の本としての完成度としては、「バスジャック」に一歩を譲るような気がしました。ここのところは、完全に趣味の問題かもしれませんが。
そして、この「鼓笛隊の襲来」を読むと、短編の方がワタクシには今のところこの作家はしっくり来るようだと思いました。どれにも奇抜な設定の中に不思議な懐かしさがあるものですが、その不思議な懐かしさと一緒にあるのが、恐怖だったり幸福感だったり孤独だったり未来への希望だったり。また、透明で淡々とした叙情性(様々な温度の場合がありますが)は共通しています。

一つあげるとすれば表題作の「鼓笛隊の襲来」。自然との共生、世代間の対立の和解などが、描かれますが、人や物とかかわる力を失ってきた現代の我々にとって、とても貴重なメッセージを発する話です。それが「赤道直下に発生した戦後最大級の鼓笛隊」が列島を直撃する、というどこかユーモラスで突飛なストーリーとして描かれます。これが本書でのワタクシの一番のお気に入りです。

メッセージといえば、星の王子様のキツネの「大切なことは目に見えないんだ」にも通ずる、我々の目に見えているものというのはこの世界のほんの一部で、そして見えないものもすべて受け入れて生きていくことが大切なのだ、という、すべてを包む受容性とある意味での積極的な考え方は、すべての作品に通じているように思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2009.01.11

「ご縁玉」を劇場公開で見る

10月にご紹介した映画「ご縁玉」(主演の故山田泉さんのブログが一番まとまった情報あるかもしれません)、昨12月20日から東京、渋谷のユーロスペースで公開(配給はパンドラ)されていますが、年が明けてようやく見に行ってきました。

やはり、映画館で集中して、大きな画面で見ると、さらに心に迫るものがあります。人は人のために何ができるのだろう、とか、自分はここに何のためにいて何をしているのだろう、とか、そういうことを自然に考えさせてくれます。そして、人間っていいな、とか、そういうメッセージが巧まずして暖かみを持って伝わってきます。

実は、前に見たときに見落としていたのですが、途中に出てくる大分の泉福寺というお寺の住職さん、無着成恭さんだったのですね。驚きました。私にとっては、無着さんは何と言ってもTBSラジオの全国こども電話相談室の回答者であり、そうして割と近所の明星学園の先生で、非常に近しい存在(お姿をお見かけしたことはありませんが)に観じていたのですが、僧侶でいらっしゃったとはまったく存じ上げませんでした。

話はそれましたが、「ご縁玉」、東京での公開はとりあえず1月30日までですが、各地で公開予定とのことです。ぜひぜひ、ご覧下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.10

図書館リニューアル

ワタクシは三鷹市の住人ですが、愛用の市立図書館の利用手続きが今年から変わりました。
今までも、インターネットを使って、資料を検索しての予約、自分の借りている状況の確認(期限とか)、貸出期限の延長(他に予約がない場合のみ1回に限り)などができましたし、予約した資料が貸し出し可能になったときの携帯メールへの連絡もあったりして、非常に使い勝手の良い図書館でした。(システムを担当したのはIBMとのこと。)

で、今回大きく変わったのは、図書館で実際に本を借りる際の手続き。
今までは、借りる本をもってカウンターに行き、図書館カード(これもリライト方式でなかなか感動的)と一緒に係の人に渡すと、係の人がカードを読み取り機に差し込んで本に付いている図書館のバーコードを読み取り手続き完了、ということだったのですが、今度は、自分で本を持って貸出テーブルのところに行きます。図書館カードを読み取り機に差し込み、本をテーブルの上に置くと、画面に借りようとしている本の一覧が出ます。それでよければOKを押して、これで手続き完了です。カードは書き換えられています。

本(だけでなくCDも同じなのですが)に、この半年くらいかかってICを付けたんですね。そうすると、テーブルの上に積み重ねて置くだけで、機械がICタグから情報を読み取ってくれるのです。何というか、まあ、Suicaとかと同じ方式ということだと思えば、そんなにびっくりするほどのことではないのでしょうが、でも、新鮮です。あ、もちろん、図書館への出入り口のところにはゲートがあって、貸し出し手続きをせずに本を持ち出そうとすると引っかかる仕組みになっています。

市のウェブサイトに載っている内覧会の模様です。

何か、未来都市に来てしまったような感じです(笑)。でも、考えてみると、そういうインターフェースでも対応できるように人間の方も進歩(?)してきているんですよねぇ、きっと。ATMとかタッチパネル式の新幹線切符販売機とか、辺りを見回すとそういうものはたくさんあって、そうでなければ、いきなり図書館だけこんな感じになっても、きっと使い方に不安を覚える人だらけという状態になってしまうのではないでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

動物柄のネクタイ(12)「ハリネズミ」

Tie121
今回は「ハリネズミ」です。結構レアな柄だと思います。黄土色の地、それも無地ではなくて木の洞のような模様が入っていて、ハリネズミそのものがアースカラーですし、緑色の葉っぱとの組み合わせで配されているところが、いかにもオーガニックな感じがします。ハリネズミもほほえんでいるようなとても優しい表情です。
ところで、ハリネズミの間あいだに見える丸い物体は何なのでしょうね。クルミ?まさかレンコンってことはないと思いますが。


Tie122

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2009.01.01

12月及び2008年の歩行記録

12月の歩行記録です。

歩数 33347410757
消費カロリー 12958kcal418kcal
歩行距離 216.63km6.98km
(  )内は1日平均

8,9,10,11月と4ヶ月連続で1万歩に届かなかったのですが、久々の目標達成です。忙しかったのは相変わらずなのですが、外回りが多かったせいかもしれません。

さて、続いて2008年の年間記録です。

歩数 36445539957
消費カロリー 134626kcal367kcal
歩行距離 2474.00km6.76km
(  )内は1日平均

うーん、昨年の成績には及ばず、1万歩も達成できなかったかぁ。。実は、10月、11月でマシントラブルによりほとんどノーカウントの日が3日ありまして、これを加算すれば366万歩は超えるはずなので実質目標達成なんですがねぇ。まあ、それは幻の2年連続年間平均1日1万歩達成ということにしておいて、公式記録としてはこれを採っておきましょう。
今年も頑張ります。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »