« 4月の歩行記録 | Main | iPod壊れました »

2009.05.07

ラ・フォル・ジュルネでケフェレック様に会う

Aqlfj09ラ・フォル・ジュルネの楽しみ(の一つ)であるケフェレック様のサイン会、今年も行きました。あ、演奏会も(笑)。

彼女のプログラムは2種類ありましたが、音響の良い方のD7会場でのものが、「瞑想」を基調としながらもパルティータの2番が入っていて、多様なバッハの顔を見ることができました。

その、パルティータの2番、30年前に日本で行われた録音のCDには既に2年前にパリでサインを頂いているので、今回は同じもののLPを持参してサインをしてもらいました。
Aqjsblp

ところで、このエントリを書くために過去のエントリ一覧を見たところ、2008年のラ・フォル・ジュルネのものが下書き状態で止まっていたことを発見しました。ついでなので、そのとき頂いたサインだけここに載せておきます。
Qauto0805

|

« 4月の歩行記録 | Main | iPod壊れました »

ケフェレック」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

romaniさま
こちらこそありがとうございます。
目撃されてしまいましたか。結構長い時間粘ってしまいましたからね。

そう、この写真は録音時の筈ですから20歳代のものの筈です。

来年の来日(あると決めている)ではショパンを聴かせてくれるのでしょう。楽しみです。

Posted by: 亭主 | 2009.06.11 at 01:01 AM

こんばんは。
ご無沙汰しております。
TBありがとうございました。
サイン会でLPを持って来られていたのが亭主さまだったのですね。
私は10番くらいあとに並んでおりましたので、しっかり拝見しておりました。(笑)

LPジャケットは確か彼女20代の頃のものですよね。
初々しいパリジェンヌが理想的な年のとり方をすると、今のようなケフェレックさんになるのですね。
チャーミングな人柄にも惹かれますが、あのタッチ、あの音色、あの音楽、まさにマイ・フェイヴァリット・ピアニストです。

Posted by: romani | 2009.06.09 at 11:17 PM

もともとミーハーなんですが、普段は抑えているところ、ケフェレック様に関してはノンリミッター状態でいっており、こうなってしまいます。お恥ずかしい。

それにしても、オリヴィア・ニュートン・ジョン!懐かしいですねぇ。水に入ったレコードのジャケットがありましたよね(その後松田聖子がパクった)。

Posted by: 亭主 | 2009.05.09 at 07:14 PM

私もケフェレック様を若き日より信奉しております。(毎年いらっしゃっているのに聴かないのはけしからんことですが。)
たくさん記事をお書きですね。
とくと拝見させていただきます。
レコ芸に出てた写真を穴があくほど、眺めておりました。
オリヴィア・ニュートン・ジョンと並んで、私のアイドルでしたね(恥ずかしいですが)

Posted by: yokochan | 2009.05.09 at 02:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/44928571

Listed below are links to weblogs that reference ラ・フォル・ジュルネでケフェレック様に会う:

» 「熱狂の日」2009(4) ケフェレック(P) バッハコンサート [ETUDE]
出張続きで小休止してしまいましたが、ようやく大好きなケフェレックのコンサートまでたどり着きました。 よし、書くぞ〜。(笑) ケフェレックのソロコンサートは、今回わずかに3公演だけでした。 そのうち、4日に開催された2公演を聴くことができました。 半分以上曲が重なっていますが、熱狂的なケフェレックファンを自認するわれら3人からしてみれば、「重複してしまっている」のではなく「幸運なことに2回も聴ける」なのです。 まずは昼の部から。 <日時>5月4日(祝)14:45開演 <会場>ホールG409 <曲目... [Read More]

Tracked on 2009.06.09 at 11:18 PM

« 4月の歩行記録 | Main | iPod壊れました »