« よかったぞぉ~!! | Main | 愛の悲しみ(クレーメル/アルヘリッチ) »

2009.07.06

記録の「商品化」?(ギャルド84年来日公演)

「よかったぞぉ~!!」で書いたギャルドの公演のエアチェックテープを発掘しました。84年9月30日、NHKホールでの演奏でした(放送は11月5日)。曲目はやはり「トッカータとフーガ・ニ短調」。演奏直後に(フライング気味でも何でもありません)、「よかったぞぉ~」という男性のやや高めの声が。応援団でこういう凛とした通る声の人ってたまにいるなぁ、というそんな声です。そして、その声に続いて拍手が。ワタクシは、歌舞伎のかけ声が決まった時みたいで好感を持ちます。が、会場にいた人はまずはびっくりしたでしょうね(ワタクシも放送を聞いていたときはまず驚いた)。

で。

ネットで見ていたら、このときの(まさにこの日の)演奏がつい最近NHKエンタープライズからDVD化されて発売されていました!というか、この商品の目玉は61年の初来日時のステレオ録音(当時立体音楽堂で放送されたとのこと)だとは思いますが。

早速勇躍買って参りました(買わいでか)。

ところが。

このDVDでは、くだんの「よかったぞぉ」がカットされているのです。フツウに拍手が始まります。そりゃぁないでしょう。演奏者のミス(カラヤン大阪振り間違えとか)や明らかに鑑賞の妨げとなるような会場ノイズがあればそれはDVDにするに当たって消すというのはあり得るかもしれませんが、これは消す理由が分かりません。鑑賞の妨げとなる雑音だと判断されたんでしょうか。いやぁ、むしろ貴重な記録(それも害のない)だと思いますがねぇ。


このDVD/CD、非常に充実したブックレットがついていまして、そこにNHKメディアテクノロジーという会社(?)の辻本さんという方が、これらの映像の放送と処理について書いていらっしゃっています。84年の方に話を絞ると、衛星放送(試験放送)で2回(1回は生放送!)、総合テレビで1回、FMラジオで1回(これがワタクシが録音したもの)放送されていますが、NHKに唯一残っているテープは総合テレビのもので、これは衛星放送が完全中継であるのに比べて4曲がカットされている短縮版なのだそうです。しかも音声は編集コピー後のアナログ。
幸いなことに、NHK技研に当時在籍していた辻本さんが、衛星生中継を、音声はデジタルで画像はアナログで録音した記録が残っていたので、このデジタル音声とNHKに残っている映像テープをシンクロ(技研に残っていたアナログ映像は民生用VTRのものでクォリティが低い)させて、今回のパッケージとしたのだそうです。なお、総合テレビでカットされた4曲も、その民生用VTRにデジタル音声をシンクロさせて「特典映像」として収録されています。

というように、残っている記録からの最良の素材を集めて可能な限り高いクォリティのものを作ろうとする姿勢は素晴らしいものだと思いますし、そのプロセス自体をこうしてブックレットに貴重な記録として残す姿勢にも敬服致します。

が、ですが、それだけに、「よかったぞぉ~」はカットしないでくれればよかったのになぁ、と私は思ってしまうのです。商品化されるということはこういうことなのかもしれません。

|

« よかったぞぉ~!! | Main | 愛の悲しみ(クレーメル/アルヘリッチ) »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/45553022

Listed below are links to weblogs that reference 記録の「商品化」?(ギャルド84年来日公演):

« よかったぞぉ~!! | Main | 愛の悲しみ(クレーメル/アルヘリッチ) »