« 若杉の映像「火刑台上のジャンヌ・ダルク」 | Main | ワタクシと内視鏡(又は内視鏡検査のススメ) »

2009.08.28

ヘファールト ~降誕節のための合唱枠品集~

Gevaertヘファールトという19世紀末ベルギーの作曲家・理論家・教育者の合唱作品集です。中心となるのは、降誕節のための大ミサ曲「ひとりの嬰児が、私たちのために生まれた」というもので、それと10曲以上の古謡などのアレンジです。伴奏は、ハルモニウム、オルガン、ハープが曲により担当します。

これ、すごくきれいです。静謐で透明な世界が広がります。何曲目かを聴いていて思い浮かんだのが、ドビュッシーの「3つのシャンソン」でした。

ちなみに、ドビュッシーのこの曲、本当にすばらしく、遠い昔に初めてエリクソン指揮のスウェーデンの合唱団のレコードを聴いたときの心にまっすぐ踏み込んでくるような感動は、今でも忘れません。

まあ、本CDに収められている曲がすべてそのレベルとは言いませんが、でも、愛すべき1枚だと思います。演奏も素敵です。ただ、これ、気がつくとすべてクリスマス関連の曲で、今はいくら何でも時季外れかもしれません。

で、この時季外れの1枚を買ったのは、「世紀末ベルギーの貴き作曲家」というタイトル(?)のせいです。このヘファールトは、当時ベルギーで音楽家として一身に尊敬を集めた(らしい)人物。第二帝政期(ナポレオン3世時代)にパリ・オペラ座の音楽監督を務め、その後政治体制が変わったことによってその職を失い、ベルギーに帰国してブリュッセル音楽院の院長として君臨(?)しながら多彩な活動をしたとのことです。

しかしながら、正確に言うと反応したのは「ベルギー」です。

なぜか。

これのせいです。

四半世紀も前の東京の近代美術館でのベルギー象徴派展は、それはそれは良いものでした。その後、ベルギーの画家達は自分の中で結構大きな位置を占めています。そして、駅のポスターで今回の展覧会を知り、これは見なければと思っております。これって姫路市立美術館のコレクションを公開するものらしいですが、きっと姫路に行っても全部展示されているわけではないのでしょう。

そんなことで「ベルギー」という活字に反応して買ってしまったという顛末です。まあ、なかなか良いCDだったので、結果オーライかと。

|

« 若杉の映像「火刑台上のジャンヌ・ダルク」 | Main | ワタクシと内視鏡(又は内視鏡検査のススメ) »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/46013653

Listed below are links to weblogs that reference ヘファールト ~降誕節のための合唱枠品集~:

» 新型インフルエンザ、子供・女性用マスク即日発送!! [Net Market]
真夏に流行!二学期が始まり 学校感染が心配!新型インフルエンザ大流行にそなえて準備しておきましょう ! 即日発送OK ! ! [Read More]

Tracked on 2009.08.29 at 12:47 PM

« 若杉の映像「火刑台上のジャンヌ・ダルク」 | Main | ワタクシと内視鏡(又は内視鏡検査のススメ) »