« January 2010 | Main | March 2010 »

February 2010

2010.02.18

小村雪岱とその時代

Rimg0012これも終わってしまった展覧会です。「小村雪岱とその時代埼玉県立近代美術館、会期末も近い2月11日に見てきました。
例によって(汗)展覧会の様子は写真満載のこちらこちらを見て頂くことに致しまして。
雪岱は、連載小説の挿絵や本の装丁(見返しの絵も含む)で大正から昭和初期にかけて一世を風靡した画家です。また舞台美術でも大活躍された人だそうですが、ワタクシ、恥ずかしながらこの方も名前は知りませんでした。芸術新潮に指摘されたとおり。

この人、初期の仕事の場所は資生堂であったとのこと。先日の杉浦非水にとっての三越もそうでしたが、この時代、芸術家を育てることになる企業の存在が大きいですね。まあ、この時代に限ったことではないとは思いますが。戦後の一時期であればサントリー?

そして。雪岱は泉鏡花を崇拝していて、偶然から知己を得、著書の装丁を任されるのですが、ワタクシはこれらの仕事に一番感銘を受けました。江戸の残るしかし東京の、そしてそこに生きる人間のしゃれたモダンな佇まい。特に細い縦線の連なりが特徴的な(そして時に斜めの直線が画面構成の基調となる)デザインは、ある意味人工的な、触ると壊れてしまいそうなはかない美しさを感じさせます。

あと、歌舞伎や新劇の舞台装置。これは残念ながら写真や原図、模型などでしか見ることになるのですが(一部映像もあり)、洗練されたすっきりとした感じの舞台装置は、さぞその時代の観客の目を楽しませたことでしょう。

雪岱は53歳で、まるで鏡花の後を追うように昭和15年には亡くなってしまいます。もっと長く生きて活躍して欲しかったと思う反面、戦争が激しくなる前になくなったのは、ある意味で幸せだったのかもしれません。
もちろん、舞台や装丁や挿絵ではない、独立した絵の作品だってないわけではありませんが、そちらでももっと作品を残してくれれば、と思わないこともありません。周囲は、そうした創作にも力を入れるように勧めたけれど、色々と忙しいのでそのうち、などと応えていたそうです。本心はどこにあったのか分かりません。

そうそう、上野写真でチケットの下敷きになっているのは、雪岱のデザインになる雪兎をモチーフとしたハンカチです。彼は、着物の柄のデザインなどもしていたんですね。会場には雪兎の行燈もありました。


今年に入って、是真も見ましたし、先ほどふれた非水も。さらに、お正月には、エントリにはしませんでしたが、サントリー美術館の清方も。江戸から明治、大正、戦前までの連続性を強く感じ、(自分はまだ生まれてもいなかったくせに)懐かしく浸ることができました。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

2010.02.14

沼尻竜典/TMP、小林沙羅 マーラー4番(シュタイン編室内楽版)

沼尻、トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ(TMP)のコンビでのマーラー4番の演奏会に行ってきました。三鷹市芸術文化センター風のホール。と言うと、600席あまりのあのホールや団体を御存知の方は、「4番にしたってマーラーはないだろう」と思われるかもしれません。

が、今回演奏されたのは、エルヴィン・シュタインが編曲した室内楽版でした。正確に言うと、弦楽器が各パート1人に編曲されているのを4-3-3-2-1に増強?して、ティンパニも追加した「TMP版」(と指揮者が解説で言っていました)です。管楽器はフルート、オーボエ、クラリネットが各1本だけ。ファゴット、ホルン、トランペットがいなくって、その代わりピアノとハルモニウムが入るという編成。打楽器はオリジナルどおりでハープはいません。クラリネットはバスクラとEsクラ?を持ち替え(計3本)、オーボエはイングリッシュホルンを持ち替え(ただ、3本楽器を使っていたんですが、もう1本は何なんだろう?)となかなかお忙し。その割にフルートはピッコロに持ち替えていなかったような。。。
先ほど、金管群の代わりにピアノとハルモニウム、と書きましたが、ソロの部分はクラリネットやオーボエに割り振られる部分もあり、色々な音色を駆使していらっしゃいました。

さて、このTMP版による演奏ですが、この大きさのホールでは十分な音量ですし、弦を若干増強したのも豊かな歌が流れてきて、ちょうど良かったと思います。何より少人数ですからたとえば弦楽四重奏みたいに一人一人が本当に全体のアンサンブルを聴きあって「音楽している」って感じ。それが伝わってきたのもとても良かったです。
自分の座る席からはチェロとコントラバスがよく見えた(対向配置)のですが、この3人、本当に音楽をやっているのが楽しくって仕方ない、という感じ。すごく「音楽的」でした。ちなみにチェロのトップの金子さんのブログはこちら。それからコントラバスは東フィル首席の黒木岩寿さんです。
加えて、弦が大人数だとどうしても音が多少濁ってしまうところがすっきりと合って、そうすると線の絡みが明晰になるし、転調による色合いの変化もよく分かるし、それから歌い方や細かな表情付け(かなり大胆なものも)がぴたっと決まるし、この編成のマーラーの4番、侮り難しと思わされました(ただ逆にちょっとしたずれがはっきり分かってしまうけれど)。
ティンパニが加わったのも良かったなぁ。N響の久保昌一さんが出ていましたが、この人数に合わせてうるさくならないようにすっと音量を下げつつも、アクセントは効かせて。指揮者が言うように、これはピアノでは寂しいですね。
4楽章のソロは小林沙羅さんというとても若いソプラノでした(ブログ)。澄んだよく響く声で変化する曲想を表情豊かに歌っていました。2階席からは1階空間での残響が付加された音になり、ストレートでなくなってしまったのが少し残念でしたが、またこの人は聞いてみたいです。今後更に伸びていくのが楽しみです。

そうそう、ソロは3楽章の最後でいきなりキラキラ盛り上がるところで入場してきました。その昔、若杉弘が東響との「復活」でソリスト2人を同じようなタイミングで入場させたのを思い出しました。沼尻氏も「舞台の人」ですねぇ。

休憩前にはジークフリート牧歌があったのですが、これも弦楽器は4-3-3-2-1で、管はオリジナル通りの数。昔ブーレーズが初演時と同じ?やはり小編成で録音した盤が出て、それを聞いたのは大管弦楽バリバリ好きな高校生(中学かも)だったので、なんだかつまらないと思ってしまいましたが、上にマーラについて書いたのと同じ魅力を感じました。それから、この曲では、ホルン(萩原顕彰さん)のソロが素晴らしかった。大らかな豊かな音で。

このオケは、サイトウキネンなどに出ているフルートの岩佐さん、N響オーボエの和久井さん、新日フィルクラリネットの澤村さん、コンミスは日フィルの江口さん、腕っこきのフリーの方々を揃えていて、いい仕事しています。沼尻氏はこの4月から群響のポストにも就くようですが、この出身地(ワタクシの4つ下で出身小学校からするとすぐ近くの筈なんで、ちっちゃい頃であっていてもおかしくない)での活動を、さらに充実させていって欲しいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.02.12

柴田是真展

Zeshinいささか旧聞ですが、日曜朝、大雪の長野から新幹線で帰京し、三井記念美術館に9時50分頃着きました。「柴田是真展」、2月7日の最終日に間に合いました。並んでいる人は10人ほど。

この展覧会、弐代目・青い日記帳さん(こちらこちらはろるど・わーどさんが書かれているのを見て、とても興味が湧いたのですが、行って本当に良かったです。もう会期が終了していますが、感想など少し。ただし、展示の内容・作品の紹介はワタクシなどには手に余るので、パスさせて頂きます。ぜひ今上げたお2人のブログをご訪問下さい。

柴田是真は、江戸末期から明治初期に欠けて活躍した漆芸家にして絵師。この展覧会では、漆による工芸品、漆による絵、フツウの(?)絵が出品されていました。

まずは、その細かい技、確かな技量に驚かされました(というより無知を恥じると言うべきですね)。
青海波塗りというのは、等間隔に何本も並んだ曲線が幾何学的に連なってうねりを生み波となる(ううう、表現力のなさ!)といったものですが、櫛のような器具(?)で漆に筋をつけていく作業はやり直しがきかない一発勝負なんだそうです。それなのに本当にその曲線の見事さと言ったら。光の方向によって波のきらめきが変化するので、ケースの前で上下左右に顔を動かしてみてしまいました。
また、貝の漆絵やそれをモチーフとした工芸品には、肉眼では見られないほどの小さな螺鈿が貼られていたりして、それは洒落っ気と言うべきなのか本物の材を用いてしまう手法と言うべきなのか。。よく分かりませんが、考え出すと虚実の狭間にクラッとなったりします。

虚実ない交ぜと言えば、もう一つの展示の柱は「だまし絵」や「だまし工芸品」。和紙でこさえた椀に特殊な技法で漆を塗ることによってどうみても銅とか錫の金属の器にしか見えない作品には驚嘆です。同じ趣向で、和紙に漆で、紫檀材の額と板絵(木目や傷なども)、紫檀製の箱(割れ目とそれを補修するかすがいも漆で表現)、焼き物(釉薬がにじむ様まで)、古墨(質感や欠け具合が絶妙)などなど行くところ可ならざるは無しといった具合です。

ゆっくりと眺めていると、実物の質感というか実質を別のモノで表現する執念とその高みに、なぜかシャルダンを思いました。


最後に。デザインの感覚にうならされることが頻りでした。基本的に、潔く、すっきりしていて洒脱。もちろん古びた感じなんてまったくありません。何とも言えないおかしみのユーモアや、ちょっと普通とは違う目の付け所、思わぬところで出くわす遊びなど、凝った仕掛けもそこかしこにあります。

腕とこだわりとセンスの良さ、言葉の本当の意味での、超一流のアーティストだと思いました。

実は、ワタクシ、この展覧会が話題になる前は柴田是真、その名前も知りませんでした。まだまだ知る楽しみ歓びはたくさん残されていて嬉しいことです。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2010.02.05

ルイージ、ドレスデンを辞任

ニューヨークタイムスの記事によると、ルイージは、昨日(2月4日)ドレスデンのポストを辞任したとのことです。昨年の秋に書いたように彼はドレスデンとの契約を更新せず2012~2013のシーズンからはチューリッヒの監督へ移ることが決まっていたわけですが、ドレスデンでの任期を2年以上残しての辞任となりました。

電話でのインタビューにルイージが答えたところでは、今年のジルベスターコンサートを、楽団が音楽監督である彼に相談もなく、ティーレマン(2012年からルイージの後任となることが決まっている)の指揮で行うことを決定し、そのやり方に異議を唱えても話し合いを一方的に打ち切ったため、このようなやり方をするドレスデンとは仕事を続けていくことが出来ないと判断するに至った、とのことです。そして、このコンサートの企画については、ドイツのNHKとも言うべき(あってるかな?)ZDFがドレスデンに持ちかけたもので、決定に至るまで自分は蚊帳の外であった、と。

アメリカの新聞らしく、ティーレマンが第2のフルトヴェングラーとも呼ばれていることを紹介して、今回の出来事を国粋主義的な観点からの決定ではないのかと言うことを臭わせ、また、ルイージの就任決定時にハイティンクが辞任したことを上げて、アメリカとは違って、政治家、政治権力が運営などに影響力を持つドイツ楽壇の体質からくる根深い問題だ、と論じています。

ルイージの突然の辞任で彼が振るはずだった「指輪」やアメリカツアーは誰の手にゆだねられるのかは明らかではないそうです。


何となくのギクシャク感があったので、やっぱり任期全うできなかったぁという感じです。ドレスデン好きでルイージ・ファンたるワタクシとしては複雑です。。。まあ、オペラハウスの人事ってこういうものか、といえば、それまでですがね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010.02.01

1月の歩行記録

1月の歩行記録です。

歩数 2760058903
消費カロリー 11668kcal376kcal
歩行距離 193.06km6.22km
(  )内は1日平均

5ヶ月連続の1万歩割れです。今月の特徴は歩く日と歩かない日の差が激しいこと。そして土日で稼いでいることです。もっと平日生活の中で歩くことを心がけないと。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« January 2010 | Main | March 2010 »