« February 2010 | Main | April 2010 »

March 2010

2010.03.31

新星堂吉祥寺北口店

本日をもって吉祥寺の駅ビル「ロンロン」が閉店しました。もっとも明後日には「アトレ」として新装開店するし、テナントの多くはそのまま残るので、まあ馴染んだ名前が消えることに一抹の寂しさが、という話なのかもしれません。

が、しかし。

東端の一画を占めていたディスクイン吉祥寺店は閉店となります。新星堂の「専門店」バージョンとの位置付けですから、別に新星堂吉祥寺アトレ店(というのだろうか)がある以上、統合は今日日仕方ないのかもしれません。でも、そこそこの売り場面積があったクラシックコーナーはなくなってしまいます。そして、ワタクシにとっては、これは面積の減少だけの問題ではありません。

このコーナーは新星堂吉祥寺北口店2階のクラシックフロアの流れを汲むものだからです。

35年も前になりますが、本当に中学高校の頃、この店には入り浸っていました。欲しいレコードを大量に取り置いてもらったり、店頭で流す盤のリクエストをしたり、サンプル盤を貸してもらったり。
本当にこの店にワタクシは育ててもらったようなものです。夕飯時には帰るはずの日にいつまでも帰って来ないと店に電話がかかってくるなんてこともありました。当時は携帯なんかもないわけだし。

店長としてクラシックフロアを仕切ってらっしゃったO氏には本当にお世話になりました。意識してではないと思うのですが、若いファンを育てるということをされていたのですね。後年、やはり色々お世話になったと述懐(?)するクラヲタにも出くわしたりしました。彼はその後新星堂を辞めてクヮルテットハウスジャパンを始められました。

吉祥寺北口店は、今のサーティワンの隣の楽器屋のところにありました。私の知る最初の形は2階がクラシック、1階がそれ以外。その後北口店というのはなくなって、楽器店(これも新星堂の1形態)の3階にディスクインNO3として、クラシックの専門店となりました。思えばこの頃には吉祥寺には山野楽器もありました。
その後ロンロンの拡張に伴って、より大きなディスクインに吸収される形で移転して。
近年は全般にディスクの売り上げは減っていたろうし、タワーなんかも吉祥寺に進出してきたし。そこへこの不況で、ということなのでしょう。


おつかれさまでした。そして、ありがとうございました。新星堂吉祥寺北口店。

(追記)石丸レコード館も有楽町のHMVもなくなったということを、やくぺん先生のところで知りました。(2010.7.8)

| | Comments (14) | TrackBack (1)

2010.03.30


この週末が見頃でしょうか

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2010.03.08

トーキョー開幕戦(3月6日)

土曜日は、Jリーグの開幕戦でした。我がFC東京は横浜FMを味の素スタジアムに迎えての戦い。

今季はチームの仕上がり状況もなかなか良い感じ。一時期優勝争いに加われそうで結局加われなかった昨季より、一段と期待が持てるとの感触でシーズン前の準備が進んできました。

代表にもコンスタントに2~4人が呼ばれるようになり、それはそれで嬉しいのですが、W杯の年でもあり、それだけチームから主力が消える機会が多いということでもあり。そのためには、やはり厚い選手層の形成が急務だったわけですが、補強も結構しっかりできた(即戦力から将来の主力まで)んじゃないですかねぇ。

しかし、開幕直前に、昨年大活躍した新人の米本が、数ヶ月は復帰が難しいというけがをしてしまい、これは痛い。加えて昨季終幕近くで試合中に大きなけがをした石川、膝の手術をした梶山という主力が、一応間に合ったということにはなっているけれども本当に出てこられるのか、という状況の開幕戦。

そんなこんなでGK:権田、DF:椋原、森重、今野、長友、MF:中村、羽生、徳永、松下、FW:平山、鈴木というスタメンでした。

やっぱり、徳永・羽生のボランチというのが苦しかったかなぁ。全体に守りに入ったところがあった(それは決して悪い判断ではない)けれども、前につながらないんですよねぇ。ただ、その分、森重のフィード力が大きいので、球は前に行くことはあるけれども、つないでビルドアップして崩して、ではないので、単調になりがちな印象を受けました。でも、これはこれから課題として解決していけば何とかなる、かな。

前半は、お互いミスも目立ち、凡戦の様相を呈していたのですが、後半になって梶山や石川が投入されれば、と、とにかくイーブンで耐えていければとの思いもありました。でも、ここで1点取られたらズルズルいっちゃうなぁくらいの不安でたまらない試合経過。実際、マリノスに最後の詰めを丁寧にされれば、失点してもおかしくない雰囲気でした。

後半の半分くらい経過したところで、梶山(→羽生)、石川(→中村)、赤嶺(→鈴木)と連続で交替があり、だいぶし合いは変わりました、やはり。ただ、石川は滑る芝に足を取られて2回連続でこけたりして、もしかして故障から完璧ではないのでは、などと思ってしまいました。梶山も「試運転」という感じはありましたね。

で、なかなか得点はあげられなかったんですが、ロスタイムになってから、石川のドリブル突破(小椋のスライディングを跳ねるようにかわす(格好いい!)から、中央に走り込む赤嶺が2人ディフェンダーを引き連れ、その外に走ってくる平山へラストパスして、ゴール、となかなか美しいカウンターが決まり、そのまま試合終了。

ということで、決して良い試合じゃなかったんですよ。なのに勝ち点3が拾えた。

1.チームの状態は良くなかったように見えた。開幕までの前宣伝とは違うぞ、という感じ。
2.でも、勝てば嬉しい。
3.悪い時に耐えて耐えて勝負には勝つ、ってことができたのはとても大きい。
4.そのことが今後を考えるととても嬉しい。
5.ケガしている、或いは復調途上の選手たち、早く出てきて欲しいけれど、無理はせずにお願いします。

なんか、猪木のプロレスを見ているようなカタルシスを味わえた試合でした。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2010.03.04

スワロフスキーのマーラーの4番

沼尻の演奏会を聞いて以来、マーラーの4番をちょっと聞き返したりしています。TMP版では若干増強した形となったシュタインの編曲版そのものも、ダグラス・ボイド(オーボエ吹きとしてはダメダメでしたが、指揮者に転向してそこそこ頑張っているようなのはご同慶の足り)指揮のものとか入手しています。が、やっぱり、ここまでスカスカになっちゃうと、う~ん。轟然と盛り上がるところ(3楽章の最後の辺り)とかは、それほど違和感を感じないのですが、ときどき彼岸に行っちゃうような異界の響きになるところが、どうしても室内楽版だとうまくいきませんね。

そんな中、スワロフスキーがチェコフィルを振った盤(スプラフォン、日本コロムビア)を図書館で借りてきたんですが、これはなかなか良いです。春風駘蕩たる感があって。随所に懐かしさを感じる美しい演奏です。72年の録音ですからそんなに古いわけではなく(なんていうのは自分が歳をとってきている証拠か)、録音もワタクシなどには十分です。全体にはなで肩で柔らかい外見ではありますが、グズグズとかメロメロでは決して無く、きちんとしていて、でも杓子定規ではなく、そうですねぇ、昔はこうだったんだけどね、と懐旧談を聞くような感じがあります。
チェコフィルも上手。マーラーはボヘミア生まれですしね。ブダペスト生まれでウィーンの指揮者がプラハのオーケストラで、というと(曲もマーラーだし)、ハプスブルグ帝国というか、中欧の魅力炸裂かぁ、と色々なところに思いを致します。

4番というと、マーラーを聴き始めた頃は1番と並んで取っつきやすかった(短いし)んだけれど、なんだか4楽章はすぐに終わっちゃうし、1番のようには盛り上がらないし、王道たる?2,5,6,9番辺りにシフトしていく前にむしろ聞かなくなっちゃって(アッバードのフォン・シュターデは別)。でも、なかなか味わい深い曲ですよね。

もうちょっと聞いてみようかな。持っているのにきちんと聞いていない盤が多すぎます。ライナー、バーンスタイン辺りから行きますかね。前者はデラ=カーザ、後者はグリストと歌手も魅力的。

ところで、レオシュ・スワロフスキーって名前を最近よく見ますが、このハンス・スワロフスキーの息子だったりするのでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.03.03

札響の録音あれこれ

ちょっと前のN響アワーで尾高忠明の正指揮者就任の話題となっており、3年くらい前のブルックナーの8番が放送されていました。これが良くって良くって。東フィルとやった7番のCDを引っ張り出してきて聞き返すと、何でこれを聞き流してしまったかなぁ、というような名演でした。

で、尾高さん、最近の仕事は、、と、イギリスから帰って?来られてからのコンビ札響との録音をゲットしました。エルガーの3番でも良かったんですが、まずはゲットしたのはドヴォルザークの8番、9番の盤。しかし、彼はドヴォルザークのこの辺はよく録音していますよねぇ。ウチにある彼の「イギリス」はもう3種類目です(全部正規録音盤)。

で、この演奏、すみずみまで丁寧にチャーミングな表情付けがとても魅力的なのですが、札響の特に弦の音と歌!例えば3楽章の中ほどでヴァイオリンがmpでユニゾンで歌う部分とか、細身ではありながらその中に郷愁がいっぱいに詰まっていて、でもどこか儚げで、決して押しつけがましい表情ではなく、実に魅惑的です。

これにすっかり参ってしまい、札響の他のディスクを求めてふらふらと吉祥寺「組合」へ。秋山和慶指揮のシベリウスの2番とチャイコフスキーの1番というのをゲット致しました。これらも、上に書いた札響の魅力が随所に見られます。

もう30年も前になるのか、音楽雑誌でペーター・シュヴァルツ指揮札響の「英雄」のレコードが取り上げられていて、札響はヨーロッパトーンがするって書いてありました。その後、ヨーロッパでも暮らし、そしてこの間久しぶりに北海道の地に足を踏み入れて、空気の乾燥具合とか風景とか建物の感じとかが、あ、札幌の街並みも、ここはヨーロッパだ、と思ったものでした。こういう風土だとオケの音もヨーロッパ風になるのかな、なんて。そして、今回のCD。

もっともっと札響を聞く機会を増やしたいです。まあ、こんなのは勘弁ですが。とりあえずエルガーの3番かな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.03.02

2月の歩行記録

2月の歩行記録です。

歩数 28896610320
消費カロリー 12258kcal437kcal
歩行距離 202.17km7.22km
(  )内は1日平均

ほぼ半年ぶりに1万歩達成です。長いトンネルでした。美術館に足繁く通ったのが良かったのかも。もっとも美術館内ではそんなに歩数は増えないですが。歩いては止まり歩いては止まりですからね。3月も頑張るぞ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010.03.01

長谷川等伯 没後400年特別展

先週の初めに始まった東京国立博物館の「長谷川等伯展」に行って参りました。
等伯の没後400年の大回顧展で前評判も高く、かなりの混雑を覚悟していったのですが、昨年の「皇室の名宝展」などと比べると(時期の違いはありますが)、そこまでは混み合っていないという感じでした(入館のための行列はなかったし)。
等伯がまだ信春と名乗っていた頃の能登の国での絵仏師としての作品から、京に上り大徳寺山門の天井画などを手がけるあたりまでが大体時系列順で、あとは肖像画、智積院の障壁画などの金碧画と続き、ここまでが第1展示室。第2展示室は、水墨画と本法寺の巨大な涅槃図、そして最後に松林図という構成でした。

初期の仏画はなかなか細密で、この人が後年、楓図やら松林図やらを書くようになるとは想像もつきません。もっともピカソだってそうですが。
この時代のものとして日蓮上人の肖像画がありましたが、これがワタクシはなかなか気に入りました。なかなかリーダーシップを感じさせる面構えで、今の世にもこういう人がいないものかしらんなどとふと思ったりしました。
智積院の金碧障壁画、萩芒図、柳橋水車図、波濤図などのセクションは、もうきらびやかでそしてダイナミックでとにかく圧倒されます(一番圧倒されるのは波濤図でした)が、そんな中で、萩芒図は独自の世界でこちらの心に風を吹かせるような静かな力を持った作品でした。これが実は今回の展覧会、全作品の中で一番素晴らしいと思ったものでした。波濤図のダイナミックさ&鉱物標本を見るような岩の書き方も捨てがたいんですけれどねぇ。

水墨画のセクション、ふわふわした猿も何とも言えず良いし、超有名な松林図も言うまでもなく。けれどワタクシは敢えてここでは檜原図をイチオシとしたいと思います。近衛信尹の和歌とのコラボレーションです。これが日本文化の粋ですよねぇ。

ところで、全部を通して見て、この人は書かずに見せることの天才だと思いました。対象をトリミングして、画面外のその姿を想像させる、それによってダイナミクスは無限大(と言うとちと大げさですが)までに広がります。また、金泥で色々なところを隠す、これも同じこと。そして松林図では何も書かないことによって、そこにあるものを感じさせる。いずれもそのテクニック自体は特に珍しいと言うことはないのかもしれませんが、この力にこの人はとてもとても長けていると。

展示替えがあるとのことなので、後半にも必ず足を運ぶつもりです。

いつものとおり(?)はろるどさんのところ(第4部まである力作エントリー!)とTakさんのところをご紹介しておきます。画像もふんだんです。もし、このエントリーで等伯展に興味を持たれた方がいらっしゃれば、まず、このご両所のところをご覧頂くことをお勧めします。

| | Comments (3) | TrackBack (3)

« February 2010 | Main | April 2010 »