« スワロフスキーのマーラーの4番 | Main | »

2010.03.08

トーキョー開幕戦(3月6日)

土曜日は、Jリーグの開幕戦でした。我がFC東京は横浜FMを味の素スタジアムに迎えての戦い。

今季はチームの仕上がり状況もなかなか良い感じ。一時期優勝争いに加われそうで結局加われなかった昨季より、一段と期待が持てるとの感触でシーズン前の準備が進んできました。

代表にもコンスタントに2~4人が呼ばれるようになり、それはそれで嬉しいのですが、W杯の年でもあり、それだけチームから主力が消える機会が多いということでもあり。そのためには、やはり厚い選手層の形成が急務だったわけですが、補強も結構しっかりできた(即戦力から将来の主力まで)んじゃないですかねぇ。

しかし、開幕直前に、昨年大活躍した新人の米本が、数ヶ月は復帰が難しいというけがをしてしまい、これは痛い。加えて昨季終幕近くで試合中に大きなけがをした石川、膝の手術をした梶山という主力が、一応間に合ったということにはなっているけれども本当に出てこられるのか、という状況の開幕戦。

そんなこんなでGK:権田、DF:椋原、森重、今野、長友、MF:中村、羽生、徳永、松下、FW:平山、鈴木というスタメンでした。

やっぱり、徳永・羽生のボランチというのが苦しかったかなぁ。全体に守りに入ったところがあった(それは決して悪い判断ではない)けれども、前につながらないんですよねぇ。ただ、その分、森重のフィード力が大きいので、球は前に行くことはあるけれども、つないでビルドアップして崩して、ではないので、単調になりがちな印象を受けました。でも、これはこれから課題として解決していけば何とかなる、かな。

前半は、お互いミスも目立ち、凡戦の様相を呈していたのですが、後半になって梶山や石川が投入されれば、と、とにかくイーブンで耐えていければとの思いもありました。でも、ここで1点取られたらズルズルいっちゃうなぁくらいの不安でたまらない試合経過。実際、マリノスに最後の詰めを丁寧にされれば、失点してもおかしくない雰囲気でした。

後半の半分くらい経過したところで、梶山(→羽生)、石川(→中村)、赤嶺(→鈴木)と連続で交替があり、だいぶし合いは変わりました、やはり。ただ、石川は滑る芝に足を取られて2回連続でこけたりして、もしかして故障から完璧ではないのでは、などと思ってしまいました。梶山も「試運転」という感じはありましたね。

で、なかなか得点はあげられなかったんですが、ロスタイムになってから、石川のドリブル突破(小椋のスライディングを跳ねるようにかわす(格好いい!)から、中央に走り込む赤嶺が2人ディフェンダーを引き連れ、その外に走ってくる平山へラストパスして、ゴール、となかなか美しいカウンターが決まり、そのまま試合終了。

ということで、決して良い試合じゃなかったんですよ。なのに勝ち点3が拾えた。

1.チームの状態は良くなかったように見えた。開幕までの前宣伝とは違うぞ、という感じ。
2.でも、勝てば嬉しい。
3.悪い時に耐えて耐えて勝負には勝つ、ってことができたのはとても大きい。
4.そのことが今後を考えるととても嬉しい。
5.ケガしている、或いは復調途上の選手たち、早く出てきて欲しいけれど、無理はせずにお願いします。

なんか、猪木のプロレスを見ているようなカタルシスを味わえた試合でした。

|

« スワロフスキーのマーラーの4番 | Main | »

スポーツ」カテゴリの記事

FC東京」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/47755457

Listed below are links to weblogs that reference トーキョー開幕戦(3月6日):

» Jリーグが開幕して、今年もさっそく負ける、負けすぎる [CLASSICA - What's New!]
●祝、開幕。呪、敗北。東京 1-0 マリノス。 ●マリノスにとって、もっとも不得... [Read More]

Tracked on 2010.03.08 at 10:01 PM

« スワロフスキーのマーラーの4番 | Main | »