« 小村雪岱とその時代 | Main | 2月の歩行記録 »

2010.03.01

長谷川等伯 没後400年特別展

先週の初めに始まった東京国立博物館の「長谷川等伯展」に行って参りました。
等伯の没後400年の大回顧展で前評判も高く、かなりの混雑を覚悟していったのですが、昨年の「皇室の名宝展」などと比べると(時期の違いはありますが)、そこまでは混み合っていないという感じでした(入館のための行列はなかったし)。
等伯がまだ信春と名乗っていた頃の能登の国での絵仏師としての作品から、京に上り大徳寺山門の天井画などを手がけるあたりまでが大体時系列順で、あとは肖像画、智積院の障壁画などの金碧画と続き、ここまでが第1展示室。第2展示室は、水墨画と本法寺の巨大な涅槃図、そして最後に松林図という構成でした。

初期の仏画はなかなか細密で、この人が後年、楓図やら松林図やらを書くようになるとは想像もつきません。もっともピカソだってそうですが。
この時代のものとして日蓮上人の肖像画がありましたが、これがワタクシはなかなか気に入りました。なかなかリーダーシップを感じさせる面構えで、今の世にもこういう人がいないものかしらんなどとふと思ったりしました。
智積院の金碧障壁画、萩芒図、柳橋水車図、波濤図などのセクションは、もうきらびやかでそしてダイナミックでとにかく圧倒されます(一番圧倒されるのは波濤図でした)が、そんな中で、萩芒図は独自の世界でこちらの心に風を吹かせるような静かな力を持った作品でした。これが実は今回の展覧会、全作品の中で一番素晴らしいと思ったものでした。波濤図のダイナミックさ&鉱物標本を見るような岩の書き方も捨てがたいんですけれどねぇ。

水墨画のセクション、ふわふわした猿も何とも言えず良いし、超有名な松林図も言うまでもなく。けれどワタクシは敢えてここでは檜原図をイチオシとしたいと思います。近衛信尹の和歌とのコラボレーションです。これが日本文化の粋ですよねぇ。

ところで、全部を通して見て、この人は書かずに見せることの天才だと思いました。対象をトリミングして、画面外のその姿を想像させる、それによってダイナミクスは無限大(と言うとちと大げさですが)までに広がります。また、金泥で色々なところを隠す、これも同じこと。そして松林図では何も書かないことによって、そこにあるものを感じさせる。いずれもそのテクニック自体は特に珍しいと言うことはないのかもしれませんが、この力にこの人はとてもとても長けていると。

展示替えがあるとのことなので、後半にも必ず足を運ぶつもりです。

いつものとおり(?)はろるどさんのところ(第4部まである力作エントリー!)とTakさんのところをご紹介しておきます。画像もふんだんです。もし、このエントリーで等伯展に興味を持たれた方がいらっしゃれば、まず、このご両所のところをご覧頂くことをお勧めします。

|

« 小村雪岱とその時代 | Main | 2月の歩行記録 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

コメント&トラックバックありがとうございます。

>はろるどさん
 対決展とか、「やってるなぁ」と思ってはいたものの見に行くに至らずに、今から思うともったいないことをしたなぁ、と思っているんですが、でも、これからの新たな出会いを楽しみたいと思います。
 結構、芸術文化活動?は西洋のものに偏っていたんですが、やはり日本人ですから(?)。


>Cosさん
 こちらの想像力をたくましくさせるような力がありますよね。

Posted by: ガーター亭亭主 | 2010.03.07 at 10:14 AM

トラックバックをありがとうございました.
入った瞬間の仏画を見たときにはCosの好みとは違う気がしたのですが,進むにつれて等伯ワールドの虜になりました.

描かずに見せる・・・本当にそうですね.描いてないところまでもが絵の中に描かれている感じかな。

Posted by: Cos | 2010.03.06 at 07:20 AM

こんばんは。リンクをありがとうございます。初期の仏画と松林図など、本当に一人の絵師が描いたのかと思うくらい多様な芸風でしたね。驚きました。

萩芒は以前、相国寺で見た時に一目惚れしました。また対決展でも出ていましたね。本当に素晴らしい作品だと思います。

檜原図は私も一推しです。幽玄な檜の林に雅やかな書が踊っていました。

Posted by: はろるど | 2010.03.04 at 08:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/47701613

Listed below are links to weblogs that reference 長谷川等伯 没後400年特別展:

» 「特別展 長谷川等伯」 東京国立博物館(Vol.1 全体の印象) [はろるど・わーど]
東京国立博物館・平成館(台東区上野公園13-9) 「特別展 長谷川等伯」 2/23-3/22 東京国立博物館ではじまった「特別展 長谷川等伯」へ行ってきました。 何を思ったのか平日にも関わらず、初日に出かけてしまいましたが、個々の感想は次回以降に廻すとして、ここでは全体の大まかな印象などを手短かにまとめてみました。 【展覧会の構成】 順路は正面に向かって左へと回ります。第1章にまだ等伯と名乗る前、信春時代の仏画が並び、以降、肖像、障壁画、水墨と続いて、最後の第7章に「松林図」が待ち構える流... [Read More]

Tracked on 2010.03.04 at 08:55 PM

» 絵師の正体をみた? [こすもす]
長谷川等伯という人がが能登の出身だというのは前回能登に行ったときに(一応)知って [Read More]

Tracked on 2010.03.06 at 07:21 AM

» 「長谷川等伯展」 [弐代目・青い日記帳 ]
東京国立博物館で開催中の 没後400年 特別展「長谷川等伯」に行って来ました。 没後400年 特別展 長谷川等伯 東京展(東京国立博物館):2010年2月23日(火)〜3月22日(月・休) ・東京展公式サイト 京都展(京都国立博物館):2010年4月10日(土)〜5月9日(日) ・京都展公式サイト 2007年、京都国立博物館で開催された特別展覧会「狩野永徳」の出口にこんなお知らせがあったの覚えていらっしゃいますか? 三年後のお約束。 狩野派が恐れた絵師 没後40... [Read More]

Tracked on 2010.03.13 at 09:17 PM

« 小村雪岱とその時代 | Main | 2月の歩行記録 »