« 札響の録音あれこれ | Main | トーキョー開幕戦(3月6日) »

2010.03.04

スワロフスキーのマーラーの4番

沼尻の演奏会を聞いて以来、マーラーの4番をちょっと聞き返したりしています。TMP版では若干増強した形となったシュタインの編曲版そのものも、ダグラス・ボイド(オーボエ吹きとしてはダメダメでしたが、指揮者に転向してそこそこ頑張っているようなのはご同慶の足り)指揮のものとか入手しています。が、やっぱり、ここまでスカスカになっちゃうと、う~ん。轟然と盛り上がるところ(3楽章の最後の辺り)とかは、それほど違和感を感じないのですが、ときどき彼岸に行っちゃうような異界の響きになるところが、どうしても室内楽版だとうまくいきませんね。

そんな中、スワロフスキーがチェコフィルを振った盤(スプラフォン、日本コロムビア)を図書館で借りてきたんですが、これはなかなか良いです。春風駘蕩たる感があって。随所に懐かしさを感じる美しい演奏です。72年の録音ですからそんなに古いわけではなく(なんていうのは自分が歳をとってきている証拠か)、録音もワタクシなどには十分です。全体にはなで肩で柔らかい外見ではありますが、グズグズとかメロメロでは決して無く、きちんとしていて、でも杓子定規ではなく、そうですねぇ、昔はこうだったんだけどね、と懐旧談を聞くような感じがあります。
チェコフィルも上手。マーラーはボヘミア生まれですしね。ブダペスト生まれでウィーンの指揮者がプラハのオーケストラで、というと(曲もマーラーだし)、ハプスブルグ帝国というか、中欧の魅力炸裂かぁ、と色々なところに思いを致します。

4番というと、マーラーを聴き始めた頃は1番と並んで取っつきやすかった(短いし)んだけれど、なんだか4楽章はすぐに終わっちゃうし、1番のようには盛り上がらないし、王道たる?2,5,6,9番辺りにシフトしていく前にむしろ聞かなくなっちゃって(アッバードのフォン・シュターデは別)。でも、なかなか味わい深い曲ですよね。

もうちょっと聞いてみようかな。持っているのにきちんと聞いていない盤が多すぎます。ライナー、バーンスタイン辺りから行きますかね。前者はデラ=カーザ、後者はグリストと歌手も魅力的。

ところで、レオシュ・スワロフスキーって名前を最近よく見ますが、このハンス・スワロフスキーの息子だったりするのでしょうか?

|

« 札響の録音あれこれ | Main | トーキョー開幕戦(3月6日) »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10092/47719939

Listed below are links to weblogs that reference スワロフスキーのマーラーの4番:

« 札響の録音あれこれ | Main | トーキョー開幕戦(3月6日) »