« August 2010 | Main | November 2010 »

October 2010

2010.10.17

アラベッラ/新国立劇場

新国立劇場の「アラベッラ」を見て参りました。98年9月初演のプロダクションに続くこの劇場で2回目となる新制作。なかなか楽しめました。

何と言っても良かったのはオーケストラ、というか指揮者でした。舞台の上と下が寄り添って一つの音楽を作るということをかなり高いレベルで実現していたと思います。特にいわゆる聞かせどころのしみじみ系の音楽が流れるところの丁寧な弱音は非常に雄弁でした。良かったなぁ。思い出しても「良いなぁ」と思います。声を聞かせるために(?)オーケストラを気持ちよく鳴らす部分は少なかったのですが、まあ、それはそういうものかと。ライトモチーフも生ではよく聞こえたと方だと思いますが、それでもオーケストラ、オットットというところはありましたね。特に、第2幕の冒頭の音程の合わなさはもはや事故(誰か音を間違えた??)。なんてことはあげつらえればありますが、でも、良かったところがあれだけあれば、ワタクシは十分満足、楽しみました。

この演奏に対して拍手の終わり際に「オケ替えろー」と叫んだ方が4階席右サイドかな、にいらっしゃいましたが、ワタクシは賛同できません。

歌手はフィアカーミッリとマッテオを除き及第点でした。まあ、この2人も頭を抱えるというほどではありませんでした。
ただ、フィアカーミッリは目立った破綻があるわけではないのですが、この役の要求するスペクタクル的なテクニックとかど派手さを発揮していたとは言い難い。そのめくるめくアクロバティックな声によってこそ、斜陽期に入りつつあるウィーンの内実は上品とは言い難い「社交界」の空虚さが表されるのだと思いますが、そこに到らず涼しい空気が漂ってしまったように感じます。
片やマッテオ、これは3幕でアラベッラと言い争って、そこにマンドリーカ登場して対決、という辺りでガス欠を起こしてしまったようで、高音域などはヒヤヒヤものでした。まあ、この役はもともと情けない男ですからね(笑)

一番良いかなと思った歌手がヴァルトナー伯爵(お父さん)だというのは、いやちょっと困ったことではありますが、まあ、他の人たちも、高い音が微妙に当たらなかったりとか色々あったものの、悪くはなかったかな(良くもなかったけれど)。

演出は、青を基調とした美しい舞台で、無難にまとまっていた感じです。シュトラウスの作品で時代を作曲者の生きた年代に設定し直してのプロダクションというのはよく見ますが、今回もそれ。セリフのない役にもしっかり役割が与えられており、それによって、この作品を演出家がどう捉えていて何を伝えたいかということが伝わったところ大でした。たとえば、第2幕では、アラベッラとマンドリーカが舞踏会場にいながら紗幕の前で2人だけの時間を過ごすのですが、その紗幕を従業員が引こうとするところをマンドリーカの家来たちが「俺たちに任せとけよ」と平手打ちを食わせて勝手にやってしまったりするところ、彼が明らかにオックスの血を引いていることが分かります。紗幕と言えば、第1幕、たしかアラベッラが登場するまでは紗幕が半分引かれた形の舞台だったかと思いますが、それを開けるのはヴァルトナー家の女中。彼女は第3幕であられもない格好で降りてきたズデンカに履き物を渡し、その後階段の手すりでヨヨと泣き続ける、となかなか大活躍でした。「アラベッラ」のト書きではどう書かれているのか(あるいはいないのか)知りませんが、原作の「ルツィドール」では年老いたとされている彼女、この舞台では通るだけで件の家来たちの視線を引きつけたりして、そんなに老女ではありませんでした。女中さんと家来たちは、ウィーンと田舎、洗練と粗野の良い対比になっていたと思います。

ただ、4階席からでは、肝腎の主役級は芝居としてちゃんと出来ていたかどうかは、幸か不幸か、よく分かりませんでした。

あ、一つどうかなぁ、と思ったのは、第3幕の階段の長さ(笑)。ちょっと長すぎてズデンカの登場が中途半端になっちゃったんじゃなかろうか。アラベッラがグラスを手に降りてくる時にはちょうど良いんですけれどもね。

この位の舞台を出してくれれば、新国立劇場には文句はありません。尾高監督の下でこれからも頑張って欲しいなぁ。

| | Comments (4) | TrackBack (4)

2010.10.09

カラヤン/ベルリン・フィル、77年来日時のベートーヴェン・ツィクルス

77hvkb47先日、TOKYO FMレーベルから、カラヤン/ベルリン・フィルのベートーヴェンの交響曲全曲CDがリリースされました。レーベルからもご想像がつくように、これは来日公演の実況録音盤。77年のこのコンビ5度目の来日のときのものです。

クラシック音楽を聴き始めてから数年というところのワタクシは、いわゆるアンチ・カラヤン(笑)だったのですが、それでもこのコンビは聞いてみたかった。が、会場が普門館ということを聞き、収容人数5000人もの大ホールでなんて、とそのこと自体もカラヤンをけなすネタにしたりして、行かなかったのでした。結局、ワタクシはカラヤンの公演を聴くことなく終わってしまいました。この同じ年にベームもムラヴィンスキーも聞いたのになぁ。

実は、当時FM東京で全曲放送されたということ自体忘れていました。でも、有名な(?)7番冒頭のオーボエのミスは聞いた覚えがある、ということはラジオで耳にしていたんでしょうね、当時。ちなみに、このミスはずっとローター・コッホだと思いこんでいたのですが、今回のライナーノーツの解説(東条碩夫氏)によれば、代役の若い奏者だったそうです。

それで肝心の演奏なんですが、う~ん、弦の厚みとかうねりとか、こうグワーッともっていくところとか、案外古風に聞こえる媚態とか、さすがだなぁ、と思うところは沢山あるんです。が、こんなにバラバラなの!?というところがあまりに多すぎるんですよね。奏者個人のミスとかそういうことでなく、アンサンブルが崩壊寸前のスリリング(笑)な箇所が。そして、それが、なにかギリギリの表現をするために乱れたとかそういうことでもなさそうなのが、ちょっと。
もともと、このオーケストラは縦の線を合わせること命、ってわけではなく、それと、オレがオレがっていう奏者の外向きの表現意欲がうまくまとまった(まとめられた?)時に素晴らしい力を発揮するように思うのですが、この77年はあまり成功はしなかったという感じです。ウィーンフィルのような自律的に求心的に敢えて言えば室内楽的にまとまっていくのとは方向性が違います。来歴が違うからでしょうね。

それと、エキストラが多かったのかもしれません。解説(中山実氏)によれば、来日150人のメンバー中、40人がトラだったそうです。おなじみのレパートリーということで、練習もそれほどしなかったのかもしれませんね、あくまでも想像ですが。でも、79年の来日は日本在住の方も数人トラに入っていた「度を超した」ものだったとのことですが。

とはいっても、この厚い響きによるベートーヴェンには、とても懐かしいモノも覚えてしまうのは事実です。近年はこういうベートーヴェンを聴くことはあまりありませんから。

最後に。
前出の中山実氏は、この時の招聘者であった大阪国際フェスティバル協会の元職員の方とのことですが、会場が普門館となった経緯について、興味深いことを書かれています。79年のベルリン・フィルの来日は、大阪フェスティバル協会とNHKが招聘競争を繰り広げたのだが、これに敗れたNHKは、ベルリン・フィルの公演に予定されていた日に、N響の定期公演を日程変更して入れたのだ、と。それで、大阪フェスは他を探さざるを得なくなり、普門館に落ち着いたのだ、と。中山氏は1965年以来のN響定期会員なので、この経緯ははっきり覚えているとのことです。
なるほどねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.10.03

はやぶさ

Hayabusa
JAXAの調布センターで、はやぶさが公開されると聞き、行って参りました。

かなりの行列を覚悟していったのですが、11時頃に着くと特に待たずに館内へ。館内には相当の人が居ましたが。帰りに警備の方に聞くと、開館(10時)前にはかなりの列が出来ていて、テレビで取り上げられるから明日はかなり来るんじゃないか、とのことでした。

カプセル(外側)は、エンジニアリングモデルという実際に宇宙に行っていないものが展示されていましたが、その中身である何とかモジュールとか搭載電子機器とかパラシュートとかは、長旅をしてきたそのものです。直径30センチくらいで、よくまあ、こんな小さいものが遠くまで行って帰ってきたなぁ、と感慨深いものがありました。

で、一度小惑星イトカワの上で地球と音信不通になりながら、それが発する微弱電波を再び捉えることに成功して帰還となるという劇的な展開もありましたが、「はやぶさ君」と呼ばれて擬人化されるのは、やはり日本人の伝統的な感性だな、という気がします(揶揄とかしているのではありません、念のため)。ちょっと前だったら「はやぶさ神社」が出来たことだと思います。

西洋の妖怪って人起源(?)であるのに対して、日本にはモノ起源(?)のものがある、と聞いたことがあります。唐傘お化けとか一反木綿とか。そういう感性です。アニミズム、八百万の神とかに発するものだと思いますが。針供養とか包丁塚とか。

古代ローマみたいなところはどうなんでしょうね、多神教の。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

8月と9月の歩行記録

2ヶ月程ほったらかしにしておりました。すみません。ぼちぼち再開しようと思います。

まずは、8月と9月の歩行記録です。

【8月】

歩数 2906359375
消費カロリー 12905kcal416kcal
歩行距離 203.31km6.55km
(  )内は1日平均

6、7、8月と3ヶ月連続で1日1万歩を達成できませんでした。前半に夏風邪を引いて低調なスタートだった割には、結果としては良い線いったのですが、最後の一歩が届かなかったという感じ。

【9月】

歩数 2207268175
消費カロリー 10033kcal371kcal
歩行距離 154.41km5.71km
(  )内は1日平均

久々の8千歩台を記録してしまいました。しかし、これには訳があります。9日から15日までの1週間分の記録がほぼゼロなのです。歩数計を紛失したわけではなく、修理に出していたのでした。
歩数計からパソコンに取り込むとエラーが出てしまうという症状が続き、オムロンのサービスに電話したところ、修理が必要ですね、と。日を決めて宅配便のお兄さんが家まで取りに来てくれました。修理にお金がかかるようであれば、また連絡があるとのことだったのですが、数日して戻ってきた歩数計につけられていた説明のメモには、「電池交換したらOKでした。症状も再発しません」と。。。いや、私だって電池交換のサインくらい知っていて、症状が出た時に電池切れを疑ったりもしたのですが、それは決して点灯していなかった、、、筈なのですが。でも、自信ない。
こんな私に、一切費用は要求されませんでした(送料も電池代も)。オムロンのサービスの皆様、ご迷惑をおかけしてしまいました、すみませんでした。
ちなみに購入後そろそろ2年が経とうというもので、保証期間は過ぎておりました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 2010 | Main | November 2010 »